新着順 人気順 閲覧数順 169 件中 1〜20件を表示

アクシデントも楽しめる二人 マンガ化進行中
おもしろ 3 701

先日、デートで映画を観ることになりました。 私の方が早く待ち合わせの駅に着いたので、「切符売り場のところいるねー」とLINE。 ちょっと遅れるかもし…

待ち続けて良かった マンガあり

私は暴力や浮気する彼氏と付き合っていました。 そんな時道端で泣いている私を助けてくれた彼の話です。 彼はそんな人とは別れろ!とは言いつつ私の意見を尊重ししん…

キューピットハプニング マンガ化進行中
幸せ 5 474

彼とは幼稚園から中学校まで同じ学校に通っていました。 中学校では、彼と私は同じテニス部に所属していました。 2年生でクラスが同じになり、男子の輪の中心的な存…

Twitterが繋いだ奇跡 マンガあり
幸せ 4 419

今の旦那さんと出会ったきっかけは… Twitterのいいねが全ての始まりでした。  2015年8月… 今までガラケーユーザーだった私ですが、ある…

不器用な愛情表現 マンガあり
幸せ 3 387

私の彼氏はかなりのシャイで頑固な性格のためにデートなどで他のカップルが手を繋いでたりしてても私の彼氏はなかなかそういうことはありませんでした。そのまたかなりの頑…

片想いの運命 エントリー受付中
幸せ 1 333

高校3年生の頃、前の彼氏と別れてずっとその彼を引きずっていました。前の彼氏はもうすでに彼女がいて、彼の誕生日にきっぱり諦めようと思いました。その頃気になっていた…

時代遅れ?な交換ノートで マンガ化進行中
幸せ 2 236

5年ほど前の彼氏と付き合い始めた頃の話です。 中学2年生だった私は家庭ルールで、携帯を持つのは高校生になってからと言われていました。 また、同級生の彼氏とは…

口パク マンガあり
胸キュン 3 224

先日のデートの帰りの事です。 その日はデートの場所の駅から私の家の最寄り駅までが一本の電車だったので、彼の乗り換えの駅でお別れ、私はそのまま電車に乗ってい…

いつものミルクティー マンガあり

いつものように彼氏の家から自分の家に帰る帰り道。当たり前のように駅まで彼氏が送ってくれました。 春になったはずなのに寒い日でした。 「寒いよ〜寒いしか出てこ…

「すきだよ」 エントリー受付中

私の誕生日のお話です。 お花見デートをしたあと、「席だけ予約したんだ〜」とオシャレなレストランに連れて行ってくれました。 楽しくご飯を食べたあと、も…

彼の思いやりに胸がいっぱいになりました マンガあり

仕事で嫌な事がありふてくされて寝ていた私。 そんな寝ている私に彼氏が言ってくれた言葉です。 「大丈夫!あなたはいつも良く頑張っている。僕があなたの事を一…

頼りになる人 マンガ化開始

いつものように彼氏の部屋でテレビを見ながらダラダライチャイチャ。 寝っ転がって彼の膝の上でダラダラしていると、急にペタペタと顔やおでこを触ってくる彼。 「ん…

隣の席の男の子。 マンガ化進行中

当時高校一年生だった私は、勉強が苦手な男勝りなおふざけキャラでした。 出席番号順で隣の席の男の子のことを 密かにカッコいいな、と思っていても 口に…

彼との写真 マンガあり

私が付き合っている彼は照れると耳が赤くなります。 そんな彼と成り行きで撮ったツーショットの写真を見返して、いつも1人でニヤニヤしてしまいます。 顔は…

このルールは絶対、彼との仲直り方法 マンガあり

私と彼は、付き合う際に決めごとをしていました。 それは起きたら「おはようのハグ」をすることです。 変わっているのが、喧嘩をした朝でもこのルールは守らなければ…

運命の席替え マンガあり

今付き合っている彼との馴れ初めです。 席替えで当時同じクラスだった彼と隣の席になりました。 しかも1番前の席で。それまで一回も話したことのない人だったの…

運命の瞬間、ずっとカップルでいたいです マンガあり

高校時代に知り合った彼と高校卒業を機に遠距離恋愛になりました。 当時、私は夢だった保育士になりたくて地元の短大へ、彼は関東に就職をしました。 会えない日…

名前の漢字 マンガあり

いつも、感情を表に出さない彼。 授業中に私の名前に入っている珍しい漢字を見つけたらしく、 すごく嬉しそうに隣の席の男友達に 「ねぇ、(私の名前)の(漢…

これってプロポーズ!? マンガあり
小ネタ 1 123

同棲したいね、なんて話していた彼と家電屋さんに入った時のことです。 いろんな家電を見ながら、私は「2人暮らしなら小さめで大丈夫だね!」と言いました。 す…

五つの誕生日プレゼント マンガあり
幸せ 0 119

彼(今の夫)とはアメリカ大学で知り合い、付き合いました。 卒業を3ヶ月後に控え、離れ離れになるのを悲しんでいた私は自分の誕生日すら祝いたくない状態でした。 …