私たちの馴れ初め

コンテンツ名とURLをコピーする

同じ大学のゼミ合宿 の9月上旬
私は3年生、ナツは2年生でした。

合宿では一回も話すことはなかったです。

写真はツーショットではないけれど、みんなで撮った中に一緒に写ったりはしていたりはしました。

合宿が終わった後、2週間後くらいのお話。

私は女友達1人と飲んでいた時に、その場のノリでゼミの後輩も誘おうという流れになった。
ゼミの中でも中のいい方だった男の子に、今から友達連れて、来ない?と誘いました。

その男の子の友達として来たのがナツでした。

合宿で見たことあるあの子か!くらいにしか思ってなかった。
4人での飲み会が始まった。
初めてきちんと話すので、自己紹介のようなことから恋愛話など色々話をしました。

そのとき、ナツは私に、可愛らしい人ですけど彼氏いないんですかと聞いた。


その飲み会で、私のナツへの気持ちが少しずつ変わっていった。

性格が可愛らしくて、話していてなぜか波長が合うというか…落ち着くな、もっとこの人のことをもっと知りたいと思うようになりました。

その日に撮った写真を送ろうと勇気を出して、ナツに初めてのメッセージを送りました。

今日はありがとう。

と写真と共に軽く送ったので、すぐに終わってしまうだろうと思っていた。
でもなぜか、ナツも質問やたわいもないことを話してくれて、その日から徐々に話が弾み、毎日メッセージのやり取りをするようになった。

10月上旬、飲みに行った4人でディズニーシーに行くことになりました。
おそろいのTシャツを着て、たくさん楽しみました。
そこで初めてのツーショットを撮ったり、また距離が縮まりました。
その後も毎日連絡を取り、私は段々と気になる…から、好きに変わっていきました。

10月15日ゼミの2,3年生でも飲み会が計画されていたけれど、体調不良者が多かったため、中止に…。
ナツに会えなくなってしまい、とてもショックでした。

授業中、(ディズニーシーに行った友達とは別の友達)に相談しつつ、10月15日2人で遊ばない?と誘うことにしました。
ドキドキしながら、返事を待つとをしてみたら、おっけーという返事にとても嬉しかった。その時、ナツは初めて私がナツに気があるのかも?と思ったらしいです。

場所は私が憧れだった横浜デートにしたいと思っていたので、横浜に行くことを提案しました。
当日は横浜の色々なところを見て周り、ゲームセンターを見つけて、プリクラを撮ることになりました。
モデルの人と同じポーズをしていくと、最後に手を繋ぐポーズが…!
お互いに照れながらも、初めて手を繋ぎました。

それ意外では手を繋ぐことはなかったけれど、かなり距離は縮まったように感じました。

その後、今度はナツから2人で遊ぼうと、誘いが来ました。
とても嬉しかったのを今でも覚えています。
10月18日2人で遊び、その時にはだいぶ距離も縮まり楽しい1日を過ごしました。

10月19日の夜、
私はもう既に、好きという気持ちが固まっていたので、もう伝えてしまおうと思いました。

確信はなかったけど、もう言いたい気持ちが抑えられなかったし、ナツから告白してくるような性格ではなかったので、自分から積極的に行こうと決意。

私はバイトが終わり、今から電話しようとナツに連絡をいれました。
ナツは家への帰り道で、駅に着いたタイミングで今からなら電話しても大丈夫と連絡が入ったので、電話をしました。

最初はたわいもない会話をしていました。
ナツが家に着いたと言ったので、もう今だと思い、私はドキドキしながらも、告白をしました。

「びっくりすると思うけど、伝えたいことがあって電話したんだ。なっちゃん(当時はなっちゃんと呼んでました)のことが好きです。よかったら付き合ってくれますか」

少し照れ笑いしながらドキドキの中、勇気を振り絞って出した言葉。
ナツはかなり驚いてました。笑

「え!?!?ちょっとまって…」

数秒…

ナツ「はい。」
私「え?」
ナツ「はい。よろしくお願いします。」

お互い笑いあう。
ナツは予想外だったらしく、びっくりしていました。(ちゃんれなはそんな積極的に言うと思わなかったそう。)

時刻は0:00を過ぎたので、記念日は20日にしようかと話しました。

お互い、よろしくと照れ笑い。

こうして、れなつが生まれました。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 706

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。