新着順 人気順 閲覧数順 29 件中 1〜20件を表示

片思いからの大逆転! マンガあり

私は中学3年生の由美。 私には、小学5年生からずっと好きな人がいます。 そんな私の好きな人の名前は光輝。 光輝と私のキュンとするお話です。 【小学5…

わたしの方がずっと好き。 マンガあり
甘酸っぱい 4 716

私は高校の同じクラスに好きな人がいる。 優しくて、頭が良くて、背が高いイケメンのキミは、男女問わずクラスの人気者。 部活の後輩も、前の席の子も、今キミが…

この手は、ぜったい離さない。〜キミと一生分の愛を未来に繋げて〜 エントリー受付中

お葬式の朝。 親族たちが皆、棺の中に花を入れていく。 自分の番が来て、葬儀社の人から花を受け取り、棺の中を覗き込む。 その瞬間、目…

甘ずっぱくて、キュンなふたりの両片想い マンガあり

幼なじみの光(ヒカル)が、“放課後、空き教室に来てほしい”と女子から呼び出しを受けたらしい。 “放課後、空き教室、呼び出し” っていったら、…

君は本命だから俺とおそろね。 エントリー受付中

「わぁ~ありがとう♡」 「クッキーだ!」 なんて、女子の黄色い声が廊下中に溢れるなか。 私だけが何故だか、まだお返しをもらえていません。 …

ちょっぴり残念な俺様イケメン男子の意外な行動。 エントリー受付中

これは小学校高学年の時。 スポーツ万能、クラスの中心的存在。 スラッと背も高く、私服も大人っぽくておしゃれ。 そんなカッコイイ男子の千隼(…

センパイがチョコを受け取らない理由。 マンガあり

今日は年に一度。 チョコを添えて、大切な人に想いを伝えられるバレンタインの日。 そんな年に一度のとくべつな今日だから──… 放課後…

君の少し不器用でほんのり甘いそんな嘘。 エントリー受付中

公園のベンチでふたりお花見を楽しんでいると、隣の君がぽつりと口を動かした。 「──俺、告白するから」 ずっと片想い中だった君に突然そんなこと…

先生がひとりじめ?みんなには秘密のクリスマス♡ マンガあり

私の小さなため息さえも響くほど、放課後の教室はとても静かだ。 時計を見ると、あともう少しで下校時間になりそうな時刻。 本当なら、日誌…

私と先生だけのスイートホワイトデー マンガあり

私の学校の保健室の緋月(ヒヅキ)先生は、大人っぽい雰囲気が魅力的で。 大体の女子生徒は、緋月先生のファンになる。 私もそのなかの1人で、バ…

甘い唇をごちそうさま。 マンガ化開始

今日は土曜日で学校もお休み。 本当なら今ごろ二人でお出かけのはずだったんだけど、急きょ雨予報になっちゃって。 まったりお家デートをすることに…

どんどん私好みに♡ マンガあり
幸せ 1 385

私の旦那は、私と出会った頃、ファッションセンスが全くと言っていいほどありませんでした。 デートの日も、よく分からないキャラクターのtシャツにジャージ。…

ウェディングドレスで甘々な妄想♡ エントリー受付中

日向(ヒュウガ)くんがリビングのソファで、何やら真剣に雑誌を読んでいる。 「なに読んでるのー?」 気になって表紙のタイトルを確認すると …

好きになっちゃうからやめてよ マンガあり
胸キュン 1 351

大学生になって初めていいなと思った人は彼女持ちだった。 彼はバイトの同期で、仕事が出来て良く気が利いてノリも良くて顔まで良かった。 そんな彼にはもちろん彼女…

ツンデレな先輩とのホワイトデーは甘い。 エントリー受付中

ホワイトデーの今日。 「ハァ……、」 結局八尋(ヤヒロ)先輩からのお返しはもらえず、時間は放課後になってしまった。 もしかしたらお…

ふわり、春が運ぶ恋桜。 エントリー受付中

始業式早々。 遅刻ギリギリに追い込まれた私は、用意されたジャムも塗らずに、食パンを二口でほおばり 「行ってきみゃふっ!」 まだ口の…

そんな事…どこで覚えてきたの?!(照) エントリー受付中
胸キュン 0 311

私が高校2年生の時のお話です。 私は誰とでも仲良くなれる明るい性格ですが、諸事情により部活動は禁止でしたし、ケータイも事あることに没収されてたので、事実上…

ふたりのとっておきの甘い仲直りで マンガ化進行中

「……さっきはごめんね? ぜったい同じの明日買ってくるから。 ね、お願い。どうかキゲンなおしてよ」 彼女がお風呂上がりに食べるはずだったアイス。 …

雨の日 マンガあり
幸せ 0 220

いつもよりバタバタして家をでた朝のことです。昨日帰ってきたままの鞄を中身も見ずに持って出ました。 「雨降りそうだから傘持っていって」と彼氏に言われ、折り畳…

モサ男イケメン計画(プラン) マンガあり

私の今付き合って半年以上になる年上の彼氏は相変わらずモサ男。髪の毛ボサボサ、ちょっぴりダサい太いふちのメガネ、服はいつもワンパターン。私は少しでも彼氏にカッコよ…