新着順 人気順 閲覧数順 31 件中 1〜20件を表示

SNSの怖さ マンガあり
悲しい 1 423

少し前のお話。 当時私は正社員として働いていました。 ですが、仕事に愚痴はつきもの。 ほんの少し(10人程)の親しい友人にしか見えない鍵付きのSNSで、仕…

クールな彼は… マンガあり
幸せ 0 339

みんなが知っている彼は、クールで気が利いて優しくて、女々しいなんて言葉が当てはまらない理想の年上男子。そりゃ女の子からモテるわけで… でも実際の彼は…「ただい…

これってプロポーズ!? マンガあり
小ネタ 1 310

同棲したいね、なんて話していた彼と家電屋さんに入った時のことです。 いろんな家電を見ながら、私は「2人暮らしなら小さめで大丈夫だね!」と言いました。 す…

同棲中のきゅん話 マンガあり

私は大の手フェチです。 そんな私の旦那の手は、今まで私が出会ってきた男性の中で1番私好みで、旦那以上に格好いい手の人を知りません。 手を繋いで…

毎日の楽しみなんです マンガあり

彼は職場に私が手作りしたお弁当を持っていきます。 お弁当を残さず食べてきてくれることがとても幸せです。 でも、もっと可愛らしいことをしてくれるのです。 …

喧嘩も忘れるメッセージ マンガあり

私達は一緒にいて二年間が経過しますが毎週のように喧嘩をします。 でもやっぱり喧嘩をしても彼の事をかわいいなって思ったりします。 ある日、私が怒って彼が仕…

同棲スタートした夜 エントリー受付中

引っ越しして、本格的に同棲を始めた時のエピソードです。 引っ越しの2日後、大半の荷物が片づき、まったりお風呂に入った後、二人で布団に入っていました。 私はう…

彼のやさしさ~日常~ マンガ化進行中

朝のエピソードです。 前日に二人で遠出をして、疲れ切ってたのか、お風呂を上がると、髪も乾かさずに布団にダイブ(笑) ちょっとゴロゴロするつもりが、そのままう…

寒い日のやさしさ マンガあり

11月に入り、毛布が必須になってきました。 二人で同じベッドで寝ていると、毛布の取り合いが始まってしまう季節です。 一枚では片方が寒がるので、私たちは小さい…

毎朝のおはよう マンガあり
幸せ 1 150

私と彼はいつも同じベッドで寝ています。 彼の起こし方は本当独特です。(笑) 朝に強い彼は、毎朝私より少し早く起きて、洗い物したり、顔を洗ったりしてから私…

先読みしすぎ エントリー受付中
幸せ 1 145

ほとんどの女性はどうしても服が多くなってくるものだと思いますが、私も例外ではなく気づいたらクローゼットがパンパンになっているタイプです。 反対に男性は女性に比…

仕事行く前 エントリー受付中
幸せ 0 139

彼氏と同棲してて私だけが仕事の時のお話 彼氏が休みで私だけお仕事がある日は大体彼氏が【寂しいから行かないで】と言いながら私を抱きしめてくれます でも…

運命の人かもと感じた瞬間 エントリー受付中

私はかなりの面食いです。 それでも、学生の頃は自分に自信がなく、イケメン好きとはいえなくて、好きなタイプは優しい人や、年上、などとごまかしていました。 しか…

深夜のお散歩 エントリー受付中
幸せ 0 127

深夜0時。洗濯物がたまりすぎて、干すスペースがなかったので、彼と一緒にコインランドリーに行くことにしました。 乾燥機が回っている間の30分間。 することもな…

#行ってらっしゃいのキス マンガ化進行中
幸せ 2 121

彼と過ごす中での朝のルーティーンをご紹介します。 彼はだいたい朝7時45分に起きます。そこからシャワーを浴びたり、ヒゲを剃ったり歯を磨いたり… 朝の準備…

男気 エントリー受付中

引っ越した週の土曜日、二人で選んだ組み立て式のベットが届きました。 シングルからセミダブルに一新し、受け取ったのですが、私は夜に予定が入っていたので段ボールは…

かわいいキャラの彼 エントリー受付中

車の営業をしている彼は明るくて、愛嬌があるタイプなので、よく周りからからかわれたりしています。 職場でもそういうキャラの様で、上司の方達からかわいがられている…

充電 エントリー受付中

彼よりも私の方が帰宅が早いので、基本的に夜ご飯は私が作っています。 これは、いつものように晩御飯を食べた後のことです。 彼がソファでくつろいでいたので、…

シャンプー エントリー受付中
幸せ 0 104

同棲をはじめてから、よほどのことがない限り、お互いが帰ってくるのを待って、一緒にお風呂に入っています。 最近お互いの役割ができてきて、私は彼の洗顔をし、彼は私…

お互いつかれてるのに エントリー受付中
幸せ 0 103

お互い社会人で、同棲しているので、極力、愚痴や「疲れた」など必要以上のネガティブ用語は言わないようにしていたのですが、珍しく愚痴ってしまった時のエピソードです。…