SNSの怖さ

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

少し前のお話。
当時私は正社員として働いていました。
ですが、仕事に愚痴はつきもの。
ほんの少し(10人程)の親しい友人にしか見えない鍵付きのSNSで、仕事のちょっとした愚痴を呟いていました。
ある日、上司に呼び出され、何事かと思い向かうと、そのSNSの投稿の画像が、会社のメールアドレスに送られてきたとのこと。
SNSに私個人を特定できるものや、勤務先の会社を特定できるもの、愚痴の対象を特定できるものは載せていませんでしたが、メール本文に私の名前が書いてあり、私を呼んだとのこと。

もちろん、SNSに載せた私が100%悪いのです。
ですが、ほんの少しの、私が心から親しいと思っている友人にしか公開していなかったので、その私が親しいと思っている友人の誰かが、悪意を持って、わざわざ私が勤めている会社等も調べて、そういう行動をした、ということ。
その事実はとてもショックでしたし、心から親しいと思っていた友人を信じられなくなり、悲しみの気持ちでいっぱいでした。

会社としては、全体公開にしているならともかく、親しい友人間のSNSだし、特にこれを問題視することもないし、減給等の処分も一切ない。むしろ、親しいと思っていた友人にこんなことをされたあなたのことが心配。会社を辞めないでね。
と、とても良い対応をして頂きました。

良い対応をして頂いた分、ご迷惑をおかけしたこと、悪意を持つ友人がいることで、今後またどういったご迷惑をおかけするかわからないことが念頭にあり、会社を辞めようと思いました。

その時に相談したのが、今の彼です。
まず友人に裏切られたのがショックでパニックになっていたので、つらい、という短文のメッセージを送ったところ、仕事中にもかかわらずすぐに電話をかけてきてくれました。
そして、その日の夜に、家においで、といってくれました。
彼はブラック企業で働いているので、私が家に行ってしまっては翌日の仕事に差し支えるはずなのに、その気持ちがとても嬉しかったです。
付き合ってから3ヶ月程度でしたが、とても相性がいいのがわかっており、同棲の話もちらほらでていました。
ただ、私の実家&職場と、彼の職場&1人暮らしのお家は少しだけ離れていて、同棲するなら転職を考えなければならないと考えていました。
辞めようと思った時に、彼の同棲したいという言葉が頭に浮かびました。
その日の夜、彼の家に行き、ありのままのできごとを話し、同棲をどうするか、という話をしました。
3ヶ月で同棲なんて早すぎる、と言われるかなと思っていましたが、彼は泣いている私をあやして、同棲しよう、仕事も俺の家の近くに変えな、と言ってくれました。

3年経った今でも友人に裏切られてショックで、気持ちが不安定になる時期があります。
ですが、その彼が今でも私を支えてくれて、なんともうすぐ結婚します!
私には勿体なさすぎる彼ですが、今度は私も彼のことを支えられるように、頑張っていきます!

written by うみ

マンガ化進行中

エピソード投稿者

うみ

女性 投稿エピ 2