新着順 人気順 閲覧数順 21 件中 1〜20件を表示

あの時の真実 マンガあり
切ない 2 859

小学6年生の頃、私には好きな人がいました。 隣の席の優太くんです。 いつも私をからかって楽しそうに笑う優太くん。 私は怒りながらも、 内心はとてもドキド…

衝撃の告白 マンガあり

わたしは2年前19歳の時学校がつまらなくなり年齢=彼氏いない歴の私は出会い系アプリを興味本位で始めました。 いろんな男と人にあったりしましたが毎回楽しく会話を…

遠距離だから‥ マンガあり

彼との出会いは友達の紹介でした。 お互いが住む場所は、海を越えて新幹線で2時間半。いつも会いに来てくれるのは彼の方でした。 初めて会った夏の日、彼に告白…

桜の季節の思い出 マンガあり
切ない 3 310

高校卒業の時期。まわりの友達は大学や就職といった進路がどんどん決まっていく中、私は大学受験に失敗し浪人をすることに。 1年後の華の大学生活を夢見て「今は恋愛な…

閉園間近、その一言が言えなくて エントリー受付中

ある夏の休日、片思い中の相手を思い切って遊園地に誘いました。たまたまもらったチケットがあるからと、嘘をついて彼を誘うだけも本当に何時間もスマホの前で悩みました。…

高校では遠い存在だった彼は、、その① マンガあり
幸せ 0 210

付き合って10年になる、夫との話です。 彼とは高校2年生の時同じクラスでした。 彼は頭が良く、運動も得意で、あまり話したことはなかったけど、私にとっては尊敬…

嫌いなわけないのに! マンガあり

片思い中によくやってしまう失敗は、相手のことを意識するあまりに、 目が合ってもぱっと逸らしてしまったり、そっけない態度を取ったりしてしまうことです。 好…

別れても残ってしまった〇〇 マンガあり

大学時代の彼氏の話です。 私の誕生日に待ち合わせていたら、何やら大きなものを下げて向こうからやってきました。 何かと思ったらつがいのインコ。それが誕生日のプ…

切ない夏の思い出 マンガあり

大学一年生の夏、高校卒業と同時に付き合い始めた彼氏がいました。 彼からのアプローチで付き合うことになったのですが、 彼は志望校に受からず、滑り止めの大学…

元カレと見た花火 マンガあり

私には大学4年間付き合った彼氏がいました。 私は地元に戻って就職、彼は大学院へ進学と進路が決まり、 それまで一緒だった生活が一変し遠距離恋愛が始まりました。…

磁石 マンガあり
小ネタ 0 150

近づいたら離れていくし 離れたら寄ってくる。 ちょうど磁石みたいに交わらない お互いの気持ち。 だからきっと、これ以上近づくこともない。…

初心な私達 エントリー受付中
幸せ 1 111

私は、今彼氏がいます。 彼氏34歳。私が30歳です。 二人とも本当に久々の恋愛で(特に私は9年ぶりの彼氏)""付き合うってどうするんだっけ?""""この…

教えてくれてありがとう。 エントリー受付中
幸せ 0 110

高校の入学式。はじめての子達がたくさんいるなか、やはり気になるのは隣の男の子。第一印象は「かっこいい。」でした。 だんだんと仲良くなっていき その子のこと…

あれほどの想いは今も、これからも エントリー受付中

高校2年生の時、サッカー部で女子からも人気の人に長く片想いをしていました。 仲もよかったのですが、お互いあと一歩が踏み出せず、部活が忙しいこともあって付き合う…

運命を分けた電車 エントリー受付中

高校2年生のとき、一個下の後輩と付き合いました。 彼は同じ吹奏楽部で、笑顔が子どもみたいにかわいい人。 ですが部内恋愛だったので周りからの視線や陰口を、…

別れても再び エントリー受付中

以前の彼と別れて時が過ぎ、新しい出会いが欲しいと思い紹介して貰った同い年の彼。 大学野球を頑張っていた彼と保育士を目指して専門に通っていた私。 出会って…

わたしのはつこい エントリー受付中

高校を卒業した3月。 生まれて初めての彼氏ができました。 その彼は半年前の10月に告白をしてくれましたが当時の私の通っていた学校は男女交際が校則で禁止されて…

卒業 エントリー受付中
切ない 1 67

大学入学するまで私は人並みに恋はしてきました。大学入学してからすぐに同じ学科の男の子と好きなアーティストが一緒だということが分かり話が弾むようになりました。 …

彼との出会い エントリー受付中
幸せ 1 41

私は中学3年の夏に一目惚れをしました。彼は塾の合宿でたまたま隣に座った人で、とっても笑顔がかっこよかったんです!!当時仲がよかった塾の友達に彼と同中の人がいたの…

そういう運命なのかな エントリー受付中

出会ったばかりの君が好きだよと言ったとき私は信じられなくて、 私が君を好きになったとき君はもう私のことを諦めていて、 君が新しい恋を始めようとしたとき私は君…