衝撃の告白

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

わたしは2年前19歳の時学校がつまらなくなり年齢=彼氏いない歴の私は出会い系アプリを興味本位で始めました。
いろんな男と人にあったりしましたが毎回楽しく会話をしましたが2回目に会ったり恋愛関係に繋がることは無く、今会う約束をしている1人の人と会ったらもうやめようと考えていました。
そして初めて会い、今までの人とは違い全く喋りが盛り上がらず楽しい雰囲気がなく無いなぁと感じながらその日は帰宅しました。そしてLINEで会話は続きました。その後2週間後友達に突然告白をされました。しかし私の中にはLINEしているその人のことが頭にあり、友達の告白を断りました。でも自分の思いとは裏腹に相手の方は全く楽しそうなLINEではなく返事は早いですがそっけない様子だったためもう自分から返事を少なくして相手の為にも終わらせてあげようと思い、1日の返信回数を1回まで減らしていきました。
ある日友達と4人で遊んでいる時その方から突然今日の夜電話をしたいと言われました。私は返信を減らしてる意味がなくなると思い断りました。しかしその方は今日は何時になってもいいからと何かあるなと感じましたがしょうがないと思い、帰ってから電話をしました。相変わらず電話でも何も話さないのでこっちは少しイライラしてて電話を切ろうとしていました。そしたら突然私とLINEし始めた頃の話、私と出会ってから変化した趣味の話、一緒に出かけた時の話などを途中から涙を流しながら始めました。その方が本当は私のことを良いと思ってくれていてその上涙まで流して思いを話してくれたことが嬉しかったです。
その話の最後、告白をしてくれてもちろんおっけいをしました。
その方とは今でもお付き合いをしており、性格もおしゃべりに変りつつあります。出会い方は批判があるかもしれないけどしていなかったら出会ってなかったので後悔は全くなく、アプリをしていてよかったと思ってます。

written by さ や ち ぇ る

マンガ化進行中

エピソード投稿者

さ や ち ぇ る

投稿エピ 1