意地悪な彼に本性をさらけ出してしまいました

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

19歳のころ、付き合って1年になる同い年の彼氏がいました。
彼氏にとって私は「大人しくて優しい子」という印象だったようです。

その日はおうちデートでテレビゲームをしていました。
格闘ゲームで対戦をしていたところ、彼に連続で負けてとても悔しくてたまらない気持ちになりました。

それでも「つよーい」「あーまた負けちゃった」と
気持ちを堪えて女の子らしいコメントを心がけていました。

しかしそれを真に受け調子に乗った彼が「よわっ」「弱すぎて相手にならん」と
こちらの気持ちを挑発するような発言を繰り返し、ついに私の怒りは沸点に達しました。

格闘ゲームを強制的に切り「だったらこれで相手してやる!」と、ソフトをパズルゲームに入れ替えました。
そのゲームは私の得意ゲームで、あっという間に彼をぼこぼこにしてやりました。

彼が負けるたびに「弱~い。話にならない」と言い放ち、
先ほど受けた屈辱をそっくりお返ししてあげました。

ゲームが終わってから「まさかこんな子だったなんて・・」と言われ、
彼の中の大人しくて優しい子像が崩壊したようです。

そんなことがありましたが、彼とは今でも仲良しです。

続きを読む

written by 恋エピ公式

マンガ作者

黒川ゆうま

秘密 投稿マンガ数 7

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 706

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。