今ならわかる彼への「可愛い」の意味

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

昔好きだった人が就職で県外に行くことに。
就職決まって、おめでとう!って連絡したら、
向こうに行く前に遊ぶことに。
公園行って、また別の公園行って、
ご飯食べてちょっと車の中でのんびりしてた。
もぉ、2人で遊ぶことなんでないだろうと思って私は彼の横顔を目に焼き付けようとずっと見つめてた。
彼「なんでそんなに見るん?(笑)」
って照れながら言ってて
私「ほんと可愛いな〜」
って私は言う。
私は彼のこといつも可愛い!可愛い!って言ってた。高校の時からずっと。弟みたいに可愛いなと。すると
彼「いつも可愛いしか言われんから今日は前髪上げてみたのに、それでも可愛いか(笑)」
って。うちにかっこいいって言ってほしくて前髪上げてたのか?!って思うととんでもなく可愛くて、結局「可愛いー!!」って行っちゃう私。
今思えば、私が彼に言う「可愛い」って言葉は「好き!」って言葉だったな〜と思う。素直になれない私が精一杯かっこいいよりも自分にとっての最大級の褒め言葉が可愛い。それはうちの好きだよっていう気持ちが最大級に詰まってたんだなとすごく思う。もっと素直になっていれば未来は変わってたのかな。笑

続きを読む

written by カレーパン

マンガ作者

とり乃から揚げ

秘密 投稿マンガ数 25

アプリデザイン、イラスト、漫画等を中心に活動するフリーのクリエイターです♪ お仕事のご相談はホームページ[https://torino-karaage.webnode.jp/ ] の”Mail”にて承っております! よろしくお願いいたします♡(*´∀`*)

エピソード投稿者

カレーパン

秘密 投稿エピ 2