恋エピでマンガ化されない時にエピソード投稿で意識してほしいポイント

恋エピにエピソードを投稿しているけどなかなかマンガ化されない!
そんな悩みをお持ちの方のため、マンガ化されやすいエピソードの書き方を恋の妖精えっぴぃがマンガでご紹介します。

マンガで分かる!エピソード投稿をマンガ化されやすく書く方法

ブラッシュアップ1
ブラッシュアップ2
ブラッシュアップ3
ブラッシュアップ4
ブラッシュアップ5
ブラッシュアップ6
ブラッシュアップ7
ブラッシュアップメモ
ブラッシュアップ8
ブラッシュアップ9
ブラッシュアップ10
ブラッシュアップ11

ブラッシュアップ12
ブラッシュアップ13
ブラッシュアップ14
ブラッシュアップ15
ブラッシュアップ16
ブラッシュアップ17
ブラッシュアップ18

カケル君、マンガ化が決まってよかったですね!
みなさんもえっぴぃのアドバイスを参考にして、マンガ家さんに選ばれるエピソードを目指してみてくださいね。
エピソード投稿はこちらから、お待ちしています!

続けて、エピソードをブラッシュアップする具体的な方法をご紹介します。

〇以前投稿したエピソードがマンガ化されない
〇エピソードについて思い出したことがあるので追記したい
〇投稿したエピソードに誤字を見つけてしまった

こんなエピソード主さまは必見。マンガ化につながりやすくなる、エピソード編集方法を詳しく紹介します。

投稿したエピソードがマンガ化されない理由

素敵な絵柄で自分のお話がマンガ化されるのって、とっても嬉しいですよね。

2020年5月現在、恋エピ公式サイトには3,000件以上ものエピソードが投稿されています。
(たくさんの投稿、本当にありがとうございます!)

そんな中からマンガ家さまに選んでもらうのは、少し難しいことかもしれません。

しかし、「絶対に無理」ではありません。

恋エピのマンガ家さまからは、日々多くの描きたいエントリーをいただいております。
コツさえつかめば、投稿エピソードがすべてマンガ化されるのだって夢じゃありません。

たくさんのエピソードやマンガを見てきた恋エピスタッフが、描きたい!エントリーされるための「コツ」をご教示いたします!

まずは、エピソードがマンガ化されない3つの大きな理由から!

話がわかりづらい

「この話、付き合ってると思ったら付き合ってないの!?」
「えっ、別れちゃったの?なんで?」

他の人のエピソードを読んでこう思ったことはありませんか?
それ、自分でも同じことをしているかもしれません。

実際に経験したことを書いた自分と、目を通すのも初めての人とは、話の理解度が大きく違います。

最後までエピソードを書いた後、一度読み返してみる事をおすすめしています。

思ったより場面転換が激しかったり、登場人物があいまいだったり…
書いた時には気づけなかったことに気づくはずです。

おすすめは、書いた次の日に読むこと。

一晩経ってから読むと記憶もある程度リセットされるので、さらにブラッシュアップできますよ(*’ω’*)♡

面倒かもしれませんが、素敵なマンガが生まれる前の最後の仕上げと思っていただけると嬉しいです!

情報量が少ない

「季節がわからない」
「〇歳差、とあるけど実際いくつなのかわからない」
「中学生なのか高校生なのかわからない」

こういったエピソード、意外とたくさんあります。

もちろん、すべて入れなきゃいけないわけではありません。
お話のシチュエーションや伝えたいことによって必要なことは変わります。

ですが、言葉での情報が多いと、読んだときに想像の中で広がる情景が違います。

単に「彼氏ができた」と聞くよりも、「中学の時ずっと好きだったけど告白できなかった男の子と同窓会で再会し、その後付き合うことになった」と聞いた方が、感動もひとしおではないでしょうか。

細かいところまで想像できると、そのエピソードに対して生まれる感情も大きいはずです。
そうなると、「これを描きたい!」という気持ちにもつながりやすくなると思うんです。

そのエピソード当時のことを思い出して、その時の気持ち情景を書き込んでみてください。

タグが少ない

エピソード投稿時、一番下にある「タグ」はいくつ入力していますか?

タグ入力欄

これはInstagramやTwitterなどのハッシュタグと同じ機能で、入れることでエピソードのカテゴライズをすることができます。

そうすることで、マンガ家さんがエピソードを探しやすくなるんです。

例えば、「バースデーサプライズのマンガを描きたい!」と思ったマンガ家さんがいたとします。

するとそのマンガ家さんは「#誕生日」「#サプライズ」などのタグ検索でエピソードを探すので、仮にすごく素敵なエピソードがあったとしてもタグが入っていないだけで見つけられる確率がぐんと下がってしまうんです。

タグは入力欄の下におすすめのものも表示されているので、積極的に使いましょう。

マンガ化されやすい作品

ここまで、エピソードがマンガ化されない理由を見てきました。
では反対に、マンガ化されやすいエピソードとはどんなものでしょうか。

タグが多い・情報量が充分にある・話がわかりやすい

この3つをクリアしているのはもちろんのこと、もうひとつ重要な要素があるんです。

それは、エピソードに見せ場があること。

「勇気を出して告白した日」
「元彼に言われた信じられない言葉」
「思い出しても涙が出る、別れの瞬間」
「彼のギャップに思わず悶えた場面」
「誰もが憧れるようなセリフを言われたとき」…etc

いうなれば、あなたが投稿するエピソードで一番注目してほしいところです。

エピソードを投稿してくださったからには、「ここを見てほしいんだ!」というポイントが必ずあるはず!

それをできる限り魅力的に感情的に魅せることが、マンガ化への近道です!

エピソードを編集する方法

ここまで記事を読んでくださったそこのあなた。

「今までに投稿したエピソード、手直ししたい!」
そう思いませんでしたか?

そんな方のために、編集する方法をお伝えします。

まず、マイページのエピソード一覧から編集を加えたいエピソードを開いて、画面を一番下までスクロールしてください。

編集したいエピソードを開く

青色の「エピソード編集」と書かれているところをタップすると、エピソード投稿の時と同じ画面が開きます。

エピソード編集画面を開く

そこで編集を加え、再度「エピソード編集」をタップして完了です。

エピソード編集をタップして完了

編集方法の説明はたったこれだけ。簡単なんです。

まとめ

この記事では、エピソード編集のコツと具体的な編集方法を紹介しました。

みなさまの参考になれば嬉しいです。

「このエピソード、なかなかマンガ家さんに選ばれないな…」と思ったそんなときはぜひ、ブラッシュアップすることを心がけてみてくださいね!

素敵なエピソードをお待ちしています♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です