可愛い彼、いつまでも作ってあげたいと思いました

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私の彼は29歳、同い年の外国人です。
いつも私の料理を誉めてくれ、口いっぱいに頬張るようにして夢中でごはんを食べます。
私は料理が趣味のため、大好きな彼が毎日残さず私の手料理を食べてくれることにとても喜びを感じます。

そんな彼の大好物は唐揚げにハンバーグ、カレーライス。
まるで子供です。


そのメニューを作った日には、とにかく満面の笑みでごはんを食べます。

そんな子供のような彼の姿が可愛くて、愛おしくてたまりません。

written by 恋エピ公式

マンガ作者

叶屋

女性 投稿マンガ数 3

叶屋と申します 楽しくお絵描きしてます?

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 698

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。