キモチがわからないまま離れてしまった彼からの手紙

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私が就職してしばらくしてからの話です。
友達からの紹介で出会ったのは大学生の彼でした。
話も楽しく、デートしたり友達以上恋人未満の穏やかな関係が続いてました。
わたしは彼のことを好きになっていましたが、彼の気持ちはわからないまま。
そんな彼が大学卒業する頃、電話が来ました。
それは親戚のツテで地方都市に就職が決まった、との話でした。
正直戸惑いましたが、彼女でもない私には何も言うことができず、
とうとう出発の日を迎えてしまいました。
「がんばってね」の言葉に彼は複雑そうな表情で「…ありがとう」と答えました。
笑顔で見送ろうと決めていた私でしたが、こらえきれず涙が出そうになりました。
その瞬間、彼は「バイバイっ」と冷たく言って後ろを向き新幹線に乗り込んでしまいました。
ーあっさりと終わってしまった恋でした。
月日は流れて、彼と会う事もなく私は別の人との結婚が決まりました。
そんな折、1通の手紙が届きました。
彼からでした。
手紙の内容は、知人から私の婚約を知り筆を取ったこと。
実は私のことが好きだったけど、彼も同様に、
私達の曖昧な関係や、社会的に未熟な立場で
ついてきて欲しいとも止めて欲しいとも言えなかったこと。
別れの瞬間、わたしの涙を見てしまい決断が鈍りそうになり、
冷たい態度で別れてしまったことの謝罪と、幸せになって欲しいと
書かれてありました。
私はなんとも言えない感情に涙が溢れました。
その後、私は婚約者の彼と結婚し幸せに暮らしています。
時々彼がどうしてるのか思い出しますが、ほろ苦い思い出です。

続きを読む

written by ふじさわのぞみ

マンガ作者

ふじさわのぞみ

女性 投稿マンガ数 3

女性向けイラスト、漫画を描いております。

エピソード投稿者

ふじさわのぞみ

女性 投稿エピ 1

女性向けイラスト、漫画を描いております。