先生が好きでした。

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

「先生のことが、ずっと、……っ、好きでした…っ…‼」



もうすぐ太陽が沈む午後六時。
私は今まで定期考査で驚きの三連続赤点を
叩き出した、数学の補習を受けていた。

数学の問題なんてちんぷんかんぷんで、
問題の意味すらわからない。
というか、まず授業を真面目に聞こうとする
ことさえしなかった。

だって、授業中いつもあなたに
気を取られてしまうから。

──佐々木先生。

授業を聞く耳よりも先生を見るための
目のほうが活発に働いて、
先生の仕草全部を拾い上げる。

黒板に文字を連ねるために、私に向ける背中。
時々下がってくる眼鏡をクイッと
持ち上げるところ。
ずっと先生のことを見つめているからか、
時々目が合う瞬間。


“教師と生徒の間に好意が芽生えてはいけない”
そんなの、言われなくたって
とっくにわかってた。暗黙の了解だ。

でも、私は生徒でもあり一人の女の子。
先生だって教師でもあり一人の男の人。
恋をする条件なんてとっくに揃っている。

だから、今、抑えきれなくなった
感情をあなたにぶつけた。

──「好きです」と。

そして今現在先生からの返事待ち。
胸がドキドキと口から出てきそうなくらい
暴れ狂って、心拍数はみるみる上昇。

今にも倒れて泡でも吹いてしまいそうな私に、
ようやく先生が言ったのは、


「ごめんね」だった。


「えっ……」

わかりきっていた結果だけれど、
何故だろう。
驚きが隠せない。ショックで動けない。

先生は続ける。

「君と僕とは、ただの生徒と教師。
僕はただ単に君に数学を教えるだけで、
だからそれ以上でもないし、それ以下でもない」

……そう、だよね。うん、しってた。

先生と私ははあくまで教師と生徒の関係であり、
どうあがいたってそれ以上の関係にはなれない。

わかってたよ。しってたよ。
でも、この返事に納得がいかない……っ…

自分勝手だよね。

先生に恋してるって心の中で言い訳だけして、
結局先生困らせてたの私だもん。

気づいたら、目から大粒の涙が溢れていた。

「ごめん…なさい……っ…」

たくさん迷惑かけてごめんなさい。
「好きです」なんて言って、
困らせてごめんなさい。

ごめんなさい、ごめんなさ──……

その時、涙で湿ってしまった
私の腕を掴んで先生は引き寄せる。
瞬間、私は先生の胸の中にいた。

「迎えに行くから」

「……え?」

「卒業したら、必ず迎えに行くので、
……それまで待っていてください」

私の背中に回された腕からは、
何かを一途に守り抜く、そんなようなものが
感じ取れた。


──恋が叶うのは、今すぐじゃなくたっていい。

終わったはずの私の初恋。
本当はここからがハジマリでした。

続きを読む

written by 仁 華 .

マンガ作者

ふじさわのぞみ

女性 投稿マンガ数 5

女性向けイラスト、漫画を描いております。

エピソード投稿者

仁 華 .

女性 投稿エピ 3

漫画化……「雨がやまなければいいのに」 「先生が好きでした。」 Youtube……「雨がやまなければいいのに」 7万回再生ありがとうございます! ------ 歌い手さんが好きすぎて死と隣り合わせのLJCです。 「雨がやまなければいいのに」の男の子は今カレでs(( 普段はネットでのんびり小説投稿中…! ここでは主にオリジナルのエピソードを 投稿していきますっ!