ジャージを忘れた日の思い出

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私は片思いをしている男子生徒がいます。クラスが離れているのですがその人には毎日、挨拶したり、話しかけたり、しています。

中学3年生の時の春のある日、私は寝坊をしてしまい、急いで学校に行ったため、ジャージや、ペンケースなどが入った手提げのバックを忘れてしまったんです。その日は雨が降っていて、少し冷えた日でした。女の子の友達に、ジャージ2枚持ってる人〜!ってダメ元で探してたんですが、いなくて、そしたら、私の好きな人がクラスの横を通って、「俺、暑いから貸してやるよ」って来てくれたんです。信じられなかったです、、もう、幸せすぎました。好きな人の香りってどうしてあんなにいい匂いなんでしょうか、、、

一生の思い出です。

続きを読む

written by たら⛅️