勇気を出した雨の日の帰り道

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

わたしが中学生の時のお話です。

その日は午後から急に雨が降ってきていました。
わたしは天気予報をみて雨が降ることを知っていたので折り畳み傘をさして帰っていました。

一人でぼーっと歩いていくと、保育園から一緒でわたしがずっと片想いしてる彼が『じゃあな!』と言って追い越して行きました。彼は傘を持っていなかったみたいでバックを頭の上に載せていました。

いつもなら恥ずかしくて何もいえないけどその日は思い切って、『傘、入る?』と聞いてみました。

すると、彼は照れながら『ありがと』と言ってわたしの傘に入ってきました。
ドキドキしながら相合い傘で下校したあの日は、今でも忘れられない思い出です。

続きを読む

written by ぴぐひよ

マンガ作者

七條なつ

秘密 投稿マンガ数 3

仕事の合間に描きます。

エピソード投稿者

ぴぐひよ

投稿エピ 3