中学の卒業式、彼はどう思っていたのかな

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私は中学三年生のとき、初めて恋をしました。
とても柔軟剤の香りがよくて、
彼が通ったらすぐにわかる、大きなブレザーを
ぶかぶかに着ていた彼。
その男の子は、おバカでみんなのいじられキャラ。でもいつも明るく、クラスの人気者でした。

そんな彼と初めて話したのは、修学旅行終わりの集会。
列に並んでいた時に初めて話しかけられました。
「たのしかったな、お土産何買った?」

その時は、初めて喋りかけてくれたことに、
さすが、フレンドリーで優しい人なんだなと思いました。

そこから、席替えで彼が後ろの席になり、
距離が一気に近くなりました。
後ろから背中トントンとしてきたのに、
振り返ったら「なんもない笑」
とか、
何度もシャーペンを落としてきたり、
逆に落としてしまった時に
拾ってくれたくせに「俺持ってないで笑」
とか。。
みんなからいじられてるくせに
私にだけそんなことをしてくれた
そんな彼のことが、いつのまにか好きになっていました。

そして、わたしは後期彼の友達と委員会が同じに
なりました。なんと、友達を待つ、と彼も残っていたのです。
終業式の日、ワックスモップかけがありました。
ですが、わたしはうまくかけれず、先生に「もう、彼と変わってもらい」と少しわられながら言われ、彼はわたしからモップを取ろうとしました。
ですが、わたしは「自分でやるよ!」と
照れてしたをむいてしまいましたが、
少しモップの取り扱いみたいな感じで
距離が近くなりました。

その日の夜からラインも続きました。
彼からはよく、好きな人おるん?ときかれて、
その度にわたしはドキドキしてましたが、
おらんよと、答えてました
そのうち、
わたしは本気で彼が好きになりました。

その頃から、わたしの顔にも出てしまっていたのでしょう。
周りから「彼のこと好きなん?」と聞かれるようになり、わたしは焦って
「違うし」といい、彼とも目を合わせなくなり、
避けてしまうようになりました。

ラインもしなくなり、卒業式が終わりました。

その日の打ち上げの終わり、
人が見てない隙に「俺のことどう思ってるん?」と
彼から聞かれました。
わたしは、本当に緊張していたし、避けていたのでもうじぶんのきもちがいえず、
「いままでありがとう、いっぱい話せて楽しかった」とだけ言って逃げてしまいました。

あの時勇気を出して好きと言ってたら
なにか変わっていたかもしれないと思うと、
胸がぎゅっとなります。

続きを読む

written by はのん

マンガ作者

パウロタスク

男性 投稿マンガ数 23

岩手在住の男性漫画家です。 幻冬舎Plusにて「農家メシ!」というエッセイ漫画を連載しています。 男ですが、みなさんにとって大切で、素敵なエピソードを一生懸命漫画にします!よろしくお願いします。

エピソード投稿者

はのん

投稿エピ 2