観覧車でドキドキがとまらないっ!

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

彼と付き合ってはじめてのデート。まだ高校生だったのと、お互いが恋愛初心者だったので、とりあえずデートスポットの王道のお台場へ。観光したり、ショッピングしたり、ご飯食べたり。はじめてのデートだけど楽しんでました。ふと彼にこれ乗ろう!と言われ顔を上げると、目の前には観覧車が。実は観覧車が大の苦手だった私は躊躇しつつ乗りました。天気も良く海や街を見ながら登っていきます。いよいよ1番上になったとき、突然急停車。私は大パニックで椅子と椅子の間のスペースでうずくまって顔を隠してました笑 そんな情け無い姿をみた彼は、「あはは、可愛い!こんな経験もうないよ、運命だね、、」と。その言葉に少し勇気付けられて顔を上げたとき、チュッとキスされました。観覧車の怖さとキスされた驚きと嬉しさが入り混じった複雑な感情でしたが、これが私のファーストキスでした。
今でもその日のことを、昨日のことのように覚えてます。

続きを読む

written by yuu

マンガ作者

鬼方美香

秘密 投稿マンガ数 9

97年 少年誌ガンガンWINGにてデビュー。 著書(作画担当)として、 サンマーク出版/早わかり原価計算 医学書院/脱・しくじりプレゼン 等。

エピソード投稿者

yuu

秘密 投稿エピ 2