仲直りの不器用鍋

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

彼とは同い年。好きなバンドが一緒なことがきっかけで付き合い始めました。
私は一人暮らしで彼は実家暮らしです。

ある日、些細なことでケンカをしました。モヤモヤしたまま帰ったら、料理もしたことない彼が一生懸命初めて、鍋を作ってくれてました。

あれから10年今では彼もパパになり、私の体調が悪い時だけご飯を作ってくれます。その度にあの時の鍋の味を思い出してニヤニヤしてます(笑)

続きを読む

written by 恋エピ公式

マンガ作者

女性 投稿マンガ数 22

倖(ゆき)といいます。 よろしくお願いします☺

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 705

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。