何気なく言ったけど、そんな意味があったなんて…!‐男の子‐

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

夏目漱石の本なんて一冊も読んだことがないけど、あの人が生み出した有名な言葉は知ってる。

でも毎日一緒に帰るこの子は知らないみたいだ。何の気もなく、屈託のない笑顔で「月、綺麗だね~」なんて言って笑っている。その綺麗な月を眺めながら、ちょっと君を困らせてみたくなった。

「ねえ、知ってた?”月が綺麗ですね”って、昔の告白の言葉なんだよ」

すると君は表情を変えず、「なんか、ロマンチックだね~」と笑顔のまま。
効果なしかな、と気落ちしながらもう一度君の顔を見ると、少し赤らめた顔を僕に見せないようにしてるみたいだ。なんだ、効果あったじゃん。

僕は綺麗な月を見るたびにあの時のことを思い出すけれど、君はどうだろう。
思い出してくれていたらいいな。

続きを読む

written by 恋エピ公式

マンガ作者

山名沢湖

女性 投稿マンガ数 7

漫画家。 1997年講談社「amie」にて「夏休みが待ち遠しい」でデビュー。 代表作に「つぶらら」「レモネードBOOKS」「結んで放して」など。

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 706

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。