年下の彼がはじめて見せてくれた一面

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私は今一つ下の彼氏と付き合っています。
私が受験生のため最近なかなか会えず、ついこの間やっと一緒に帰ることができた時のことです。

いつもの別れ道で、私が普通にばいばいしようとした時、立ち止まっていたのでどうしたのか聞いてみたところ、
「ぎゅーしなくて大丈夫?」と言われました。

普段はいつも私からおねだりするので、向こうから言ってくれた事がすごく嬉しかったです。
少し私のSっ気が出てしまい、「したい?」と逆質問してみました。
すると、普段割とクールな彼が顔を赤くして「したい」と言ってくれました。
ものすごく可愛かったです。

数日後に推薦入試を控えていた私は、彼のおかげで頑張る事が出来ました!

続きを読む

written by knn

マンガ作者

knt

女性 投稿マンガ数 10

Thanks for looking at my picture.✨️ 初めまして!knt(かなた)と申します‧̊·*✩⋆* 男の子と女の子、男の子と男の子、女の子と女の子、いろんな恋愛を絵というツールで応援していきたい、そんな想いでいつも描いています♡ ◎使用ソフト:CLIPSTUDIO

エピソード投稿者

knn

女性 投稿エピ 6

年下彼氏とのエピソードを投稿させていただいています。 ほとんど惚気です笑