私の救いになってくれた後輩くん

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私が彼氏の事で悩んでいる時、1つ下の高校の後輩くんに相談にのってもらっていました。すると「俺ならすぐ私子ちゃんに会いに行きますよ」と言うメッセージが。彼氏にも言われたこと無かったので正直に言うドキドキしました。「もうそんな冗談はやめてよー笑」とその時は返しましたが、辛い出来事があった時だったのでかなり落ち込んでいました。
1人で1時間くらい泣いているとその時、後輩くんから電話が鳴りました。
その内容は“ちょっと玄関まで出てきて欲しい”
急いで玄関に出る後輩くんの家から距離のある私の家までバイクで来てくれました。
“私子ちゃんが泣いているの分かってるから方っておけるわけない!!”と言われました。
とても嬉しかったし、すごくドキドキしました。
辛い時にそばにいてくれた後輩くんは今でも大切な人です。

続きを読む

written by 彩姫

マンガ作者

どろすず

女性 投稿マンガ数 1

普段は好きなバンドの似顔絵描いてます。

エピソード投稿者

彩姫

女性 投稿エピ 2

彩姫(あやめ)と申します。