12月30日のクリスマス

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

ある年のクリスマスのはなしです。

当時の私はブランド時計の販売員をしていたので、クリスマスはまさに繁忙期…

とても忙しく仕事をしていました。

プレゼントを探しに来るカップルや夫婦を接客する度、「いいなあ…私だって彼と過ごしたい」というきもちがありました。


だけど、そんな気持ちを圧し殺して必死に働いていました。


そして、クリスマス当日は家に帰ると、疲れ果てて夜ご飯も食べずにすぐに寝てしまいました。

その後私は連休にはいり、世間は年末モードの12月30日。

クリスマスなんて過ぎ去っていた頃、私が目覚めたのはお昼過ぎ。


寝ぼけ眼で洗面所にいき、顔を洗い、ふと鏡を見ると、なにやら紙が貼ってありました。

「今年もみんなの幸せのためにおつかれさま。今日はゆっくりしようね」

そう書いてありました。すぐに家の中の彼を探そうと部屋に戻ると、そこにはニコニコ顔の彼と私の大好きな料理ばかり並んだテーブルが目に入りました。

「おはよう!メリークリスマス♡」

そう言われながらぎゅっと抱き締められて、嬉しくて思わず泣いてしまいました。

すれ違ってなんかなかったんだ。とっても安心して、お仕事もがんばってよかったと思えました。





今年もだいすきな彼、いえ、今は旦那様と、一緒に過ごす7回目のクリスマスが楽しみです♡

続きを読む

written by 恋エピ公式

マンガ作者

suzuran

秘密 投稿マンガ数 19

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 731

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。