名前も知らない君と、8年後。

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

5歳頃、私は恋をしたのです。
名前も知らない彼に……

私は小学生になる前に引越しが決まっていました。
引っ越す家の前の公園で遊んでいた時、男の子に出会ったのです。
その時に出会った男の子に、私は一目惚れしてしまいました。
「一緒に遊ぼう?」
と声をかけられ、遊ぶことにしたのです。
その男の子と出会って遊んでいると、すごく楽しくて、時間を忘れてしまうほどでした。
親から呼ばれて、名前も聞かずそのまま私は帰ってしまいました。

時は過ぎ、8年後。

8年経っても、私は男の子の事が好きでした。
友達と遊ぶ、ということで、ファストフード店に行った時、その出会いはありました。
遊ぶ友達についてきた男の子がいました。
なぜか、とても懐かしい気分になったのです。

「どこかで会ったことありますか?」

その一言を言っていなかったら、きっと出会えてなかったと思います。
連絡先も交換して、そこからどんどん仲良くなりました。

小さい時、出会って8年間好きだった男の子は、8年たった今にまた出会えたのです。

そんなこんなで、今は私の彼氏です。
1年半経った今も、大好きです!

続きを読む

written by Yuyu

マンガ作者

焼肉太郎

女性 投稿マンガ数 2

エピソード投稿者

Yuyu

女性 投稿エピ 1