春の訪れはあなたの隣で 後編

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私が惚れてしまった彼には、彼女がいる。
背が低くて淡い色が似合う、笑うと花がこぼれそうなくらいかわいらしい彼女がいる。

平々凡々で無愛想な私より、その子を選ぶのは当然かもしれなかった。

でもどうしても諦めきれなくて、なにかの気の迷いで、なにかの弾みで……と願ってしまう日々が続いた。
彼には笑っていてほしいのに、彼の幸せを心から願えない自分が嫌いだった。

紅葉が色づく頃、彼から連絡が来た。

「今から会える?」

夜更けだったけれど、断る理由なんてなかった。
家を飛び出して、2人の家の近所にある公園へ。
そこには少し暗い表情の彼がいた。
最近彼女と上手くいかなくて悩んでいる。
別れるべきなのかもしれない。
といった内容の相談だった。

ここで別れを勧めてしまえば、彼はフリーになる。

悲しいけれど、そんな悪い考えも浮かんだ。
でも実行する勇気なんてなくて、結局当たり障りのない言葉で心無い応援をしてしまった。

彼の「ありがとう」が胸に刺さる。
家で1人涙を流すのは、もう習慣になっていた。

それからも、彼の相談は何度か続いた。
その度に私は、励ましの言葉を並べた。
「私にしたらいいじゃないですか」なんて、口が裂けても言えなかった。

しばらく連絡が途絶えたので、仲直りしたのだろうと思っていた。
雪が溶ける頃、再び彼から連絡があった。

「会いたい」

いつもの公園で、いつものように話を聞こうとする。

「彼女と別れたんだ」

耳を疑った。しかももう数ヶ月前のことらしい。

「別れて1人になって、いろいろ考えたんだ。それで、わかったんだ。辛いときに支えてくれたのはいつも君だったって。変な気を使わずに、素の自分で楽しく過ごせるのは君といるときだって。」

「俺と付き合って…くれないかな」

泣かずにはいられなかった。
部屋の片隅で1人流す涙とは違う涙だった。

桜は、もうすぐ花を咲かせそうだ。

続きを読む

written by 恋エピ公式

マンガ作者

knt

女性 投稿マンガ数 18

Thanks for looking at my picture.✨️ 初めまして!knt(かなた)と申します‧̊·*✩⋆* 男の子と女の子、男の子と男の子、女の子と女の子、いろんな恋愛を絵というツールで応援していきたい、そんな想いでいつも描いています♡ ◎使用ソフト:CLIPSTUDIO

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 723

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。