君が教えてくれた、手料理のあたたかさ

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

それはテスト期間中で午前中に学校が終わった日。彼女と一緒に勉強することになり 彼女の家に初めて行った。お昼時だったのでコンビニに寄らなかったことを後悔していると、料理はできないと言っていた彼女が「焼きそばなら作れるかも」と作り始めた。
たくさん調味料が並んだキッチン。彼女のお母さんはきっと料理上手なんだろうな。
焼きそばの袋の裏の「作り方」を見ながら、不器用な手つきで炒める彼女を僕は笑って見ていた。

僕の家庭には母がいない。父と弟と、食事は誰かが適当に作って食べている。
家で食事といえば 面倒くさいものだった。

彼女が作ってくれた具無しの焼きそば。
きっと僕のほうが 上手に作れる。
でも一生懸命作ってくれたことが凄く嬉しくて、美味しくて。
そしていろんな思いがこみ上げてきた。
喋るとなぜか涙が出てきそうで僕は黙って食べていた。

最初は美味しくないの?と不安そうな顔で僕を見ていた彼女。
そのうち何かを察したように彼女も黙った。
そして「また作るよ!今度は具を入れて 」とニッコリ微笑みながら僕の頭をポンポンした。



続きを読む

written by まろお

マンガ作者

つき

女性 投稿マンガ数 2

Instagramでイラストエッセイを描いています。 好きなものはネコと寿司。

エピソード投稿者

まろお

男性 投稿エピ 8

全てのエピソードは高校時代から付き合っている彼女との話です。近く結婚する事になり、以前からこのサイトをよく見てる彼女へのサプライズに投稿しました。