叶わない願いだけれどまた好きになってほしい

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

私は中学二年から中学三年まで付き合ってた彼氏がいました。
いろんな場所にデートも行って、楽しく幸せな時間を過ごしていました。
けれど、彼の『冷めたから別れよう』という理由で私たちは終わってしまいました。
高校二年生になった今、たまたま彼も進学先が同じでした。
これは私にとっては苦しいけれど、会えるからどこか幸せでもある というもどかしい気持ちでもあります。
高校一年生の期間も含め、心のどこか片隅にいつも彼がいて忘れられない状態でいます。

そんな、ある日の文化祭。
私がダンスのステージに立った時、彼はステージの前列に座っていて、私はある懐かしいものに目を止めました。
それは、ホワイトデーで彼がお菓子と一緒にくれた名前入りのお揃いのタオルでした…。
別れた今も使ってるの?
と思うと同時に
まだ思ってくれているのかな…?
なんてありえないことも考えました。

また好きになってくれたら嬉しいな
なんて(笑)

続きを読む

written by 大福

マンガ作者

まみつん

女性 投稿マンガ数 5

18/女の子のイラストをよく描きます。/恋エピさんをきっかけに初めて漫画を描きましたド素人です。目標は似顔絵描くことです

エピソード投稿者

大福

女性 投稿エピ 2

失恋からもう二年も経ってるのにまだ忘れられないなんて…ㅋ