彼の優しさに就活の疲れも吹っ飛びました!!

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

就職活動中の私はその日は面接があり、なかなか眠れなかったこともあってとても疲れていました。
そんな中いつもと変わらずお泊りデート。
彼と会い、「今日は何を作ろうか〜」なんて話をしながらスーパーで買い物をし、家に帰りました。

家についたのと大好きな人に会えた安心感からか、眠気がピークに達しベッドにダイブ。
気づけばそのまま眠ってしまいました。

しばらくして、包丁の切る音で目が覚めると、彼が「ごめんね、起こしちゃった?」と言いながら料理を作ってくれていました。
手伝わなきゃ!と思い動こうとすると、「寝てなくて平気?疲れてるんでしょ?」とのひと言。

優しすぎる彼にキュンとしながら、「少し寝たから大丈夫!」と言って一緒にご飯を作りました。

夜は彼の腕まくらで安心しながらたくさん寝ました。

続きを読む

written by しゅーか

マンガ作者

ちっぺろ

女性 投稿マンガ数 5

漫画を描くのが好きです。

エピソード投稿者

しゅーか

女性 投稿エピ 17

4つ上の彼氏との惚気話です。