恋愛偏差値0だからこそ

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

現在大学生の私の恋愛偏差値は中学生レベルで、それは例えて言うなら、歌のMVで男女が手を繋いだだけでキャーキャー言ってるほど笑
今まで彼氏がいたこともなく、だから好きな人に話しかける、なんてことは至難の業。そのため、もちろんおしゃべりしたい気持ちで溢れているのですが、それでも、彼を見ているだけでも十分幸せなんです。
ただ、私は、彼と頻繁に目が合うんです。馬鹿みたいに欲求に素直で自分の本能には逆らえないので(笑)しょっちゅう彼のことを見てしまうのですが、私が彼の方を見ると、向こうも私を見ていてお互い目をそらす、というような流れが何度も起こります。
「頻繁に目が合うのは脈アリ」、なーんて噂もよく聞きますが、それが本当かなんて分からない。だって何か気になるところがあるから見ちゃうとか、目が合う理由なんて色々あるじゃないですか。
私は、「目が合った」ということがなんだか嬉しくて。
恋愛偏差値が0だからこそ、これくらいでドキドキできちゃうんです笑

続きを読む

written by 〇せ

マンガ作者

ののおかはな

女性 投稿マンガ数 13

かわいいものとキラキラしたものが好きです。 よろしくおねがいします。

エピソード投稿者

〇せ

女性 投稿エピ 5