高校では遠い存在だった彼は、、その②

コンテンツ名とURLをコピーする

社会人となってからも、私たちは引き続き遠距離でした。
寂しいことはあったけれど、予定をあわせて旅行に行ったり、とても幸せでした。

でも、ある時急に彼の連絡が素っ気なくなり、別れを匂わせるようなことまで言い出すようになりました。
訳が分からなかった私ですが、共通の友人から、高校の時の同級生が彼にちょっかいをかけていると教えられました。

すぐさま彼を問いただすと、友人から聞いた通り、その子からのアプローチを受け、気持ちが揺らいでいたとのことでした。
私も知っている子だったので、裏切りに驚きを隠せませんでした。
でも、浮気は未遂だったこと、彼が誠心誠意謝ってくれたこともあり、水に流すことにしました。

その事件から1年、記念日にホテルのスイートルームに泊まったとき、彼から指輪と花束のサプライズプロポーズをされました。

付き合って10年の今年、彼は夫として私の隣にいてくれます。
高校生の時には想像もしなかった未来に、毎日とても幸せです。
これからも、二人でずっと笑顔でいられたらと思っています。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 703

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。