すれ違う前に気づけて良かった

コンテンツ名とURLをコピーする

自分でも認めるほど仲がよかったカップルだったのですが、私の気持ちがわからなくなって、こんな気持ちのまま彼と付き合ってていいのかと思っていました。

するとある日彼が「俺には○○しかいない」と言って泣いてくれました。

こんなに思ってくれていたのかと思うと同時に、自分はバカだなと思い泣いてしまいました。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 693

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。