それはもうお前のもの

コンテンツ名とURLをコピーする

高校3年間付き合い続けた彼とのエピソードです。付き合って最初の年、クリスマスが近くなったある日のこと。

彼から「クリスマスプレゼント何がいい?」とLINEが!私は冗談のつもりで「〇〇くんがいいなぁ」と、彼の名前を答えました。

するとすぐに彼から返信が。ばかにされるんだろうなぁ、と思いながらLINEを開いてみると「それはもうお前のものだから」という返信でした。
予想外の返信ににやにやが止まらなくなりました。彼とは別れてしまいましたが、今でも幸せな思い出として記憶にずっと残っています!

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 705

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。