高校の先輩

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

当時憧れていた高校の先輩は周りからモテモテで私の入る隙はなかったので、ずっと妹のようなポジションで仲良くしていました。

それからお互い大学生と社会人になり疎遠な状態でしたが、SNSのプロフィール画像を私が変更したある日、先輩から『久しぶり~』とメッセージが!
嬉しくて、冗談まじりに『今度ご飯連れてってくださいよー!笑』と返信すると、今度はLINEが!
『いつ暇?』それがきっかけで、よく遊ぶようになりました。でも妹ポジションは変わらないまま。

変化が起きたのはある冬の日です。ご飯へ行った後、ドライブがてら夜景を見に行きました。私が『うわー!めっちゃ綺麗!さむ!!』と騒いでいたら、先輩が私を後ろからぎゅっと抱き締めて『さむいね』と言いました。
緊張をごまかしながら『いやいや笑 妹としか思ってないのにこういうことしたらさすがに怒りますよ』と言うと…

『一番仲がいい後輩で、妹みたいと思ってたんだけどなー、いつのまにか大切になってた』
『先輩、私が高校の頃から好きだったの知らないでしょ』
『え。。』

妹から彼女へ昇進した瞬間でした笑

written by 恋エピ公式

マンガ化進行中

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 694

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。