ここは参道だと思ったら!

コンテンツ名とURLをコピーする

私と彼は、彼の地元が近い大宮駅で待ち合わせをしていました。きっと美味しいお店なんかに連れて行ってくれるのだろうな、と思って待っていました。

少し遅れて来た彼は、「少しだけ歩くけど、くつは大丈夫かな?」と聞いてくれました。なんて優しいんだろう!いつも彼には感動してしまいます。

しばらく、彼にくっついて歩いて行くと並木道が見えてきました。まっすぐにずーっと続いています。
彼にたずねると、「氷川神社の参道で、有名なところなんだよ。」と教えてくれました。新緑がとてもきれいです。

結構長い参道で、少し歩き疲れた頃にやっと鳥居が見えてきました。そして、その奥には氷川神社という立派な神社があります。彼と2人でお参りをしました。

「なんてお願いしたの?」と聞くと、「君と結婚できますように。」ってお願いしたと言いながら、なにやらごそごそと小さい箱を出しているのです。
それは、指輪でした。彼は神社でプロポーズをしてくれたのです!なんというサプライズでしょう。

「よろしくお願いします。」と言って私は泣いてしまいました。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 691

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。