わたしのヒーロー

コンテンツ名とURLをコピーする

札幌に住む高校1年生です。

私の母には高校生の時から仲の良い友達が4人いて、私が小さい時はその友達の子供といつも遊んでいたそうです。しかし小学生になってからは全然会っていませんでした。

高校1年生になった私は、冬休みの宿題が全くわからなくて、終わらなくて、どうしようと悩んでいました。
すると母が、大学生になったそうたお兄ちゃんにお願いしてみようか、と言ってくれてその人の家に行くことになりました。9年ぶりの再会です。

本当に久しぶりなのに覚えてくれていて、ずっとサッカーをしていたそうたお兄ちゃんはとてもかっこよくなっていました?

その日はテスト期間中だったのに、7時間くらいずっと数学を教えてくれて宿題が終わりました!
わからないところを何度も教えてくれるそうたお兄ちゃんがとてもかっこよかったです…。

大学は2月と3月が休みだから、いつでもおいでと言ってくれました。
宿題が終わってほんっとに感謝だし、優しくて説明もわかりやすくてかっこよくて好きになっちゃいました?

結婚したいなぁなんて妄想中です!!!!

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 693

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。