薬よりも効いた彼の優しさ

コンテンツ名とURLをコピーする

幼馴染から恋人になったSくん。
お出かけした帰り道。

あたしが女の子の日でお腹痛くなっちゃって。
でも彼の運転だから心配かけちゃいけないって思って我慢してたの。

それでも我慢できなくて車の中でうずくまってたら、シート倒してくれて毛布かけてくれて途中でドラッグストア寄ってお薬とお茶まで買ってきてくれて。ゆっくり寝てていいよって。
その言葉に甘えて目をつぶってたらいつの間にか寝ちゃってて。

ハッ!って起きたら家の前。
ずーっとハザードランプつけて止まってたらしい。

しかもSくんテレビみてたんだけど音声が一切ないの。
起こしちゃ悪いと思ってって。

お家ついたのに起こさないでくれて1時間は止まってたらしい。
ずっと見てると口の動きで何言ってるかわかるようになるんだよ!って。

なんて優しいんだろうと思いました。
本当に本当に大好きです。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 694

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。