本当に惚れ薬が入っていたのかも

コンテンツ名とURLをコピーする

彼とは中学の同級生で、別々の高校ながらも学校が近かったので、通学で偶然会うと声をかけたり、同窓会で会って話したりする関係でした。
連絡先は知ってるものの、当時は意識することもない友達でした。

11月の肌寒くなった時に私の大学合格を連絡すると、お祝いしよう!と近くの公園で会うことに。
この時、私は同じクラスの元カレを引きずっており…卒業したらもう1度気持ちを伝えようと考えておりました。

彼と会うと『冷たいのと、温かいのどっちがいい?』と聞かれ『寒いし温かいの!』と答えなにかと思ってたらジュースを準備してくれてました。
『準備いいね!なんかはいってんじゃないのー?』『惚れ薬はいってるかもね』『うわ、危ないやつ』なんて、いつも通りじゃれあいつつ、他愛もない話や、お互いの将来の夢や大学の話をしました。

その時は1時間くらいで解散。
しかしなぜか『私この人結婚する!』と直感し、次の日に告白、付き合うこととなりました。
大学は県も別々で遠距離になり、その後も就職したり色々と環境が変わり、喧嘩もしました。

ジュースをもらって10年。
いろいろありましたが、いまだに惚れ薬は効いているみたいで、家族も1人増え3人で仲良く暮らしています。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 691

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。