友達以上恋人未満

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

大学に入ってすぐ、S君と仲良くなった。
水族館へ行ったり、カラオケ行ったり、ライブに行ったり、家で勉強したり、もう何回遊んだかわかんないくらい遊んだ。
S君といると時間が経つのが早くて、夜更かしが苦手なわたしもずっと起きてられた。

そんなある日、S君の家で勉強していた時、突然頭を撫でられた。戸惑いながらも、嫌ではなかったから拒まなかった。
そしたら次は顔を触られるようになって、ハグもされて、隣で抱き合いながら寝るようにもなった。
嫌じゃなかったけど付き合ってないのにこんなことしてくる人ってどうなんだろうって思って、何故かその時好きって認めれなくて、その後1週間連絡を置いた。

でも会いたくなって遊びに誘った。OKしてくれたけど、何かおかしいと思ってた。
そしたら遊んでる途中に、この人ともうすぐ付き合いそうって女の子とのLINEを見せられた。

頭がこんがらがって、悲しくなって、その時大好きだったって気づいた。なんでもっと早く気づかなかったんだろうと自分を責めたこともあったけど、なにより好きでもないのに、私の事弄んで抱きしめたりしてきたのに悲しさで胸が一杯になった。

S君は結局その女の子と付き合ったみたいで、今でも姿を見ると苦しくなるけど、周りに支えられて次の恋を探しています。

written by 恋エピ公式

マンガ化進行中

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 664

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。