忙しさと彼の優しさに甘えてしまいました

コンテンツ名とURLをコピーする

大学2年生の時から付き合い始めました。
同じ学年でしたが、彼は6年制でした。

わたしは看護学生で4年制だったため、先に卒業して、大学の附属の病院に勤め始めました。
仕事は思っていたよりも大変で、土日も勉強しないと仕事についていけませんでした。
そのことを理由に、彼と会う時間が減り、彼からLINEが来ても、返事を全然返さないなんてことを何度もしてしまいました。

それでも彼は話し合おうとしてくれて、なんとか付き合ってくれていました。
しかし、ある日わたしからご飯食べに行こうと誘っても、勉強したいから無理。と返事がありました。
それまでそんなこと一度もなかったので焦りました。

その後、別れよう、と言われました。
別れた1ヶ月後、同じ学部の女の子と付き合い始めたことを知りました。

振られて4ヶ月経った今でも辛いです。
忙しいを理由にしてしまったこと、後悔しています。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 703

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。