うっとうしいのに許してしまいます

コンテンツ名とURLをコピーする

彼とケンカしてしまって気まずいムードが流れているときのことです。
チラチラと視界に入って来て、こちらの様子を窺っている模様。
それでも、決して声をかけてはこない。

気にしながらも声をかけられない子供のような彼の態度が、なんだか可愛く思えてきました。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 391

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。 クリエイター様、エピソード投稿者様のアカウント紐づけはこちら! クリエイター様:https://goo.gl/forms/Hs3E3hBX1La4caU12 エピソード投稿者様: