味気ない誕生日が、まさかの一日に!

コンテンツ名とURLをコピーする

付き合って5年目の誕生日でした。
その日は朝から二人でデパートに買い物に行きました。
誕生日プレゼントを買ってもらえるのかな…とウキウキしながらデパートに行ったのですが、見るのは彼の物ばかり。
仕事用のカバンが欲しかったようでメンズ売り場をウロウロしていました。

カバンを買ったあとはランチをして彼が「暇だしペットショップでも見に行く?」と言い出しました。
「え?私の誕生日…」と思いながら付いていき二人で「このチワワカワイイね」なんて言いながら可愛いペットを見ていました。

その日は、誕生日にも関わらず彼が予定が入ったとのことで夕食も食べずに解散をしました。
私はせっかくの誕生日を無駄にしたような感じで、悔しくて切ない思いでした。

自宅に帰って一人寂しく夕食を食べていると部屋のインターホンがなりました。
ドアを開けると、私が可愛いと言っていたチワワを抱いて彼が立っていたのです。

私は状況がつかめずポカンとしていると「誕生日プレゼント!結婚して一緒に飼おう」と、まさかのプレゼント&プロポーズでした。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 693

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。