同窓会で助けてくれた彼は…

コンテンツ名とURLをコピーする

その時私は小学4年生。私には好きな人がいました。
元気がよくてクラスの人気者、ちょっと天パーの男の子でした。

それが私の初恋で、小学6年生の時に「小学生最後の思い出に」と思ってバレンタインの日、告白しました。
ホワイトデーにはクッキー、お手紙を貰いとても舞い上がっていましたが、それからはというと、お互い恥ずかしくなってしまい、会話等はなくなってしまいました。

時は経ち成人式。
二次会で男の子達に絡まれて逃げたい気持ちでいっぱいだった時、「やめてあげなよ」手を引いて助けてくれた身長の高い男の人がいました。
思わず顔を見ると、すっかり大人になった初恋の男の子。

それをきっかけに、付き合うことになりました。
あの初恋から15年後。
私達は入籍。同級生に温かく見守られながら結婚式を挙げることができました。

小学生のときにもらったホワイトデーのお手紙は、未だに私の宝物です。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 691

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。