寒くても貧乏でも幸せだった学生時代のデート

コンテンツ名とURLをコピーする

大学生のときに付き合っていた彼氏との冬のデートについて話します。

当時、お互いお金もなく、車もありませんでした。
住んでいた場所はかなり田舎でしたが、移動は基本的にチャリでした。

冬にデートに行くことになり、チャリと電車で、最寄り駅から5つほどの駅に行きました。
そこもかなりの田舎で、今であれば絶対にわざわざ行かないような場所です。

駅から出ている1日乗り放題の周遊バスに乗り、色々な場所でデートを楽しみました。
冬はかなり寒い地ですが、公園や、よくわからない美術館、田舎の商店街など、言い方は悪いですが廃れたような場所も巡りました。

ですが、人も全然いないし、ショッピングも楽しめない場所なので、その分たくさんの話ができたし、本当に楽しかったという思い出しかありません。

夜は、これまたこじんまりとしてて、数人しか人がいない公園のイルミネーションを見ました。
そこで、コンビニのおでんを食べて、暖をとったりしました。

もう8年以上経ちますが、いまだに楽しかったと思えるデートです。
田舎の観光の周遊バスは、あなどれません(笑)

お金がなくても、外が寒くても、2人の仲が深まる最高のデートスポットになります。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 693

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。