手編みであたためてあげたい!

コンテンツ名とURLをコピーする

当日付き合っていた彼氏はすごく寒がりな人でした。
野球部だったので丸刈りで冬場はいつも帽子を被っていました。

私はその頃編み物にはまり、私のおばあちゃんに色々な編み方を教わりましたが、まだまだ力の強弱が一定にならず、マフラーや手袋、帽子やニット色々編んでみてもやはり形が悪い物ばかりでした。

クリスマスの日にちに間に合うように彼氏に編んで渡しましたがやはり凸凹に…。
でも、彼氏は笑って受け取ってくれました。

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 691

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。