彼のサプライズが下手すぎた

コンテンツ名とURLをコピーする

付き合ってすぐの頃、私の誕生日が近いと知った彼は
「何か誕生日プレゼントをサプライズで用意するね!」と言ってくれました。

サプライズってあらかじめ宣言していいの・・?と思いつつ、
彼がやる気を出しているみたいだったので承諾しました。

サプライズの件はそれで終わらず、その日からまず何が欲しいか聞いてきました。
まだ付き合って短いから何か少しヒントが欲しいということでした。

欲しいもの、好みなど1つだとプレゼントがわかるということで
いろんなジャンルで好きなブランド、好きな色、趣味などの質問攻めでした。

サプライズなのにいろいろ聞いてしまって意味あるのかなと思いつつ、質問に答えていくと
最終的に彼の中で「運動好き、黒が好き、テニスが好き、犬が好き」ということで
私の欲しいものを買うと決まったようでした。

誕生日の1週間前に私たちがデートしていると、
彼がそわそわしてきていきなり「これ見て!これどう!?好き?」っと言って
まだ包んでもいないスポーツ用のリストウォッチを私に見せてきました。
どうやらこれがサプライズプレゼントのようです。

私は「えーサプライズじゃないのー!」とほんと拍子抜けしたし、
サプライズどころか、誕生日当日まで我慢できないのかとそこで逆に爆笑してしまいました(笑)

ずっと考えてくれていたのは知っていたので、怒ることもなかったし、
もともとサプライズに興味がなかったのその場は2人で笑いあって終わりました。

結局その場でプレゼントをもらい、サプライズ誕生日プレゼントではなくなりました(笑)

written by 恋エピ公式

エピソード投稿者

恋エピ公式

秘密 投稿エピ 689

旧サイト運用中に公開した作品と、ご投稿いただいたエピソードを掲載しています。