子供を助けてくれた⁉ちょっぴり怖い彼

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

気が荒そうなあなたが苦手だった。
教室の隅で静かに本を読む私は、いつもあなたにビクビクしていた。

 ある日の下校中。
律くんが私の前を歩いているのが見えて、私は何となく距離をとって歩いていた。
私に気づきませんように……。
少しすると向こうから小さな男の子が走ってきて、律くんの目の前で転んだ。
律くんは大声で泣き出す男の子を見つめていた。
私は、彼が機嫌を悪くすると思っていた。
ところが、律くんは、
「おぶってやるから泣くなよ」
そう言って男の子を背負って、家に送ってあげようと歩き出した。
 律くんはこちらの方に歩いてきて、思わず立ち止まっていた私にちらりと目をやった。
目が会った瞬間、彼の頬にほんのり赤みがさしたのが見えた。

 あの日、私にとっての律くんは180度変わった。
怖そうで、とても近づくことなんてできなかった律くん。
だけど本当のあなたはとっても優しくて、頼れる人だった。
私、そんなあなたに恋をしました。

続きを読む

written by 日向 葵

マンガ作者

むつきひろ

女性 投稿マンガ数 6

はじめまして。閲覧ありがとうございます!! 少女漫画雑誌に投稿歴があり、受賞歴もあります。 キュンキュンするような漫画を沢山描きたいと思っています! よろしくお願いします!

エピソード投稿者

日向 葵

女性 投稿エピ 12