拝啓、大好きだった君へ

コンテンツ名とURLをコピーする

元になったエピソード

拝啓、大好きだった君へ

君と別れて2年が経ちました。私はまだ別れた日のことも、それまでの日々も綺麗に覚えています。ずっと好きだったと言ってくれたこと、2人で遊びに行ったのに緊張して目も見られなかったこと、君のこと想うだけでなんだか笑顔になっちゃうこと、これが本気の恋ってやつかって思いました。でも最後は私の気持ちが重いという理由で終わってしまいました。あれから何度か恋をして、相手の気持ちも分かるようになって少し大人になった私は「変われた今なら、また君と一緒にいられるんじゃないか」なんて思ったりもしたけど、あの時の私たちだからあんなに幸せで、あの時振られたから私は大人になれたんだよね。本当に本当にありがとう。君といた時の自分も君も大好きでした。君を超える恋、見つけるからね。

続きを読む

written by mii

マンガ作者

サッサん

女性 投稿マンガ数 6

学生の頃から出版社へ投稿していました。受賞はするものの、中々デビューできず、腐りかけてしまった子持ちアラサーです。10年投稿してきた漫画を無駄にしないためにも、評価されず芽が出なかった事実も見返すつもりで頑張りたいです。

エピソード投稿者

mii

秘密 投稿エピ 2