伝わらないアピールと天然そのもの彼女

コンテンツ名とURLをコピーする

待ってるだけじゃダメ!チャンスはあなたの手で掴むものです


マッチングアプリwith

元になったエピソード

片想い中の彼女はかなり鈍感で少々天然とゆう噂だった。

僕はチャンスがあれば 話しかけた。ふた言三言、何気ない話。その努力?の積み重ねで 普通に話せるようにはなっていた。
でも彼女にはクラスメートの1人に過ぎないようだった。

ある日卒アルの写真の一枚に、教室でユルい集合写真を撮ることになった。教室の真ん中に椅子が何個かある。目立ちたがり屋は椅子の上へ急いで陣地取り、他はその周りに立っていた。僕は椅子の上に立った。ふと彼女を見ると、椅子に立ちたかったようだが 出遅れ諦めたようで 近くに立っていた。
僕はムリヤリ隙間を作り「ここ空いてるよ」とドキドキしながら声をかけてみた。
彼女は少し嬉しそうな顔をして僕の前の隙間に足をかけた。でも狭い隙間へなかなか上がれないでいた。彼女が諦めかけた瞬間、僕は無意識に彼女の肘を持って引き上げていた。
自分で自分の行動にビックリして心臓が飛び出しそうになった。
彼女も少し驚いた顔をして 「ありがと」と言った。
彼女のすぐ後ろで ドキドキしたまま写真におさまった。

その後アレコレあって、彼女は本当の彼女になった。僕の最高のアピールの、あの時の事を聞いてみた。
「え?そうだっけ?」
…彼女は本当に鈍感だった。

続きを読む

written by まろお

マンガ作者

ちっぺろ

女性 投稿マンガ数 11

漫画を描くのが好きです。

エピソード投稿者

まろお

男性 投稿エピ 8

全てのエピソードは高校時代から付き合っている彼女との話です。近く結婚する事になり、以前からこのサイトをよく見てる彼女へのサプライズに投稿しました。