10年後の結末

描きたい!エントリー

業務委託契約約款

(契約の成立)

第1条 発注者である株式会社マンガダイア(以下「甲」という。)は,甲が受注者 (以下「乙」という。)に提供するエピソード等に基づくマンガ制作及びその成果(以下「成果物」という。)の納品(以下「本業務」という。)について,乙からの応募(描きたい!エントリー)に対し,業務委託契約約款(以下「本約款」という。)及び主要契約条件を示し,もって本業務の条件を提示するものとし,乙が,提示された本業務の条件を承諾したときに,本業務に関する業務委託契約(以下「本契約」という。)は成立する。

(業務遂行上の義務等)

第2条 乙は,甲と緊密に連絡をとり,本約款及び主要契約条件に定められた各条項を誠実に遵守し,善良なる管理者の注意をもって本業務を遂行する。

(本業務の内容,業務委託料等)

第3条 甲及び乙は,本業務の内容,通常業務委託料(著作権譲渡の対価を含む制作報酬)及び臨時(条件付)業務委託料(電子書籍報酬)並びにそれらの支払時期,条件承諾期限,ラフ納品期限,完成版納品期限,修正依頼回数等について,主要契約条件に定める。

(検収等)

第4条 甲は,乙から成果物(ラフ納品及び完成版納品[いずれの納品も乙が甲から修正依頼を受けた後の修正後の納品を含む。]の各成果物をいう。以下同じ。)の納品(ラフ納品及び完成版納品[いずれの納品も乙が甲から修正依頼を受けた後の修正後の納品を含む。]をいう。以下同じ。)を受けたときから7営業日以内に,甲の所定の方法に基づき,成果物の検査を行い,乙に対し修正依頼を行うことができる。

2 甲は,前項の納品を受けたときから7営業日以内に,前項の検査により,合格した成果物のみを受け入れ(以下「検収」という。),その旨を乙に通知(電子メールやメッセージ機能による通知等を含む。)する。

(内容についての保証等)

第5条 乙は,甲に対し,成果物が第三者の著作権,肖像権,名誉,プライバシーその他いかなる権利も侵害しないこと,成果物につき第三者に対して出版権,質権を設定していないこと及び電子出版利用を許諾していないことを表明し保証する。

2 成果物により権利侵害などの問題が発生し,乙又は第三者が損害を被った場合,乙は,自己の責任と費用負担においてこれを処理し,甲に一切費用負担をさせないものとする。

(再委託)

第6条 乙は,事前の甲の書面による同意がない限り,本業務の全部又は一部を,第三者に再委託してはならない。

(秘密保持)

第7条 甲及び乙は,本契約の遂行により知り得た相手方の技術上又は営業上その他業務上の一切の情報を,相手方の事前の書面による承諾を得ないで第三者に開示又は漏洩してはならず,本契約の遂行のためにのみ使用するものとし,他の目的に使用してはならないものとする。ただし,情報を受領した者は,自己又は関係会社の役職員若しくは弁護士,会計士又は税理士等法律に基づき守秘義務を負う者に対して秘密情報を開示することが必要であると合理的に判断される場合には, 同様の義務を負わせることを条件に,情報を受領した者の責任において必要最小限の範囲に限って秘密情報をそれらの者に対し開示することができる。

2 前項の規定は,次のいずれかに該当する情報については,適用しない。

⑴ 開示を受けた際,既に自己が保有していた情報 ⑵ 開示を受けた際,既に公知となっている情報 ⑶ 開示を受けた後,自己の責めによらずに公知となった情報 ⑷ 正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報 ⑸ 相手方から開示された情報によることなく独自に開発・取得していた情報

3 甲及び乙は,相手方の事前の書面(ファクシミリ及び電子メール等を含む。)による承諾がない限り,秘密情報の情報開示日から3年間は,当該秘密情報を秘密に保持し,第三者に開示,提供してはならない。

(権利帰属)

第8条 乙の成果物に関するすべての著作権その他の知的財産権(著作権法第27条,第28条に規定する権利を含むが,それらに限られない。)は,納品と同時に,乙から甲に移転する。

2 乙は,成果物に関し,著作者人格権,肖像権などの権利を行使しない。

(個人情報の取扱い)

第9条 甲及び乙は,個人情報の保護に関する法律及び関連法令を遵守し,本契約の遂行に関して得られた個人情報を漏洩させないように万全の措置を講ずるとともに,これらの情報を正当な理由なく第三者に提供すること及び目的外使用をすることを禁止する。

2 甲及び乙は,万一,個人情報の漏洩・流出等の事故が発生した場合は,直ちに相手方に対し,漏洩等の発生の日時・内容その他詳細事項について報告し,協力して対応に当たるものとする。

(契約の解除)

第10条 甲は,乙が次の各号のいずれか一つに該当したときは,何らの催告,通知(電子メールやメッセージ機能による通知等を含む。以下「通知等」という。)を要せず,直ちに本契約の全部又は一部を解除することができる。

  • (1) 納品期限までに乙による納品が無い,乙が甲の修正依頼に応じないなど,本約款及び主要契約条件に定める条項に違反し,相手方に対し通知等したにもかかわらず7日以内に当該違反が是正されないとき,又は乙から何らの回答がないとき
  • (2) 監督官庁より営業の許可取消し,停止等の処分を受けたとき
  • (3) 支払停止若しくは支払不能の状態に陥ったとき,又は手形若しくは小切手が不渡りとなったとき
  • (4) 第三者より差押え,仮差押え,仮処分若しくは競売の申立て,又は公租公課の滞納処分を受けたとき
  • (5) 破産手続開始,民事再生手続開始,会社更生手続開始,特別清算手続開始の申立てを受け,又は自ら申立てを行ったとき
  • (6) 解散,会社分割,事業譲渡又は合併の決議をしたとき
  • (7) 資産又は信用状態に重大な変化が生じ,本契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき
  • (8) その他前各号に準じる事由が生じたとき

2 前項の場合,乙は,解除によって甲が被った損害の一切を賠償する。

(反社会的勢力の排除)

第11条 乙は,甲に対し,次の各号の事項を確約する。

  • (1) 自らが,暴力団,暴力団関係企業,総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと
  • (2) 自らの役員(取締役,執行役,執行役員,監査役又はこれらに準ずる者をいう。)が反社会的勢力ではないこと
  • (3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ,この契約を締結するものでないこと
  • (4) 自ら又は第三者を利用して,この契約に関して次の行為をしないこと
    • ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
    • イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し,又は信用を毀損する行為

2 甲は,乙が次のいずれかに該当した場合には,乙に対し,何らの催告を要せずして,この契約を解除することができる。

  • (1) 前項(1)又は(2)の確約に反する表明をしたことが判明した場合
  • (2) 前項(3)の確約に反し契約をしたことが判明した場合
  • (3) 前項(4)の確約に反した行為をした場合

3 前項の規定によりこの契約が解除された場合には,乙は,甲に対して,甲の被った損害を賠償する。

4 第2項の規定によりこの契約が解除された場合には,乙は,解除により生じる損害について,甲に対し一切の請求を行わない。

(損害賠償)

第12条 甲又は乙は, 本契約に違反し相手方に損害を与えた場合には,相手方に対し,その損害を賠償しなければならない。

(権利内容の変更)

第13条 甲及び乙は,本業務量の増減,経済情勢の変動等の諸事情により,本契約,本約款又は主要契約条件の内容の変更の必要性が生じた場合は,相手方に対し,本契約,本約款又は主要契約条件の内容の変更を求めることができる。この場合,甲及び乙は,誠実に協議を行う。

(譲渡禁止)

第14条 甲及び乙は,相手方の事前の書面による承諾を得ることなく,本契約上の地位を他に譲渡し,若しくは承継し又は本契約に基づく権利義務を他に譲渡し,承継し,若しくは担保に供してはならない。

(本契約の改訂)

第15条 甲は,必要に応じて本約款及び主要契約条件を改訂することができる。

(合意管轄裁判所)

第16条 本契約に係る一切の紛争については,名古屋簡易裁判所又は名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

(契約の協議)

第17条 甲及び乙は,本契約の規定に関する解釈上の疑義,又は規定に定めのない事項については,法令及び商慣習によるほか,信義誠実の精神に基づき協議を行い解決する。

附則

2019年3月1日 制定

2020年1月10日 改訂

契約約款に同意の上、エントリーする

※エントリーの集中などエントリー状況、エントリーユーザーの制作実績によっては
「描きたい!エントリー」にお応えできない場合もございます。ご了承ください。

コンテンツ名とURLをコピーする

小学校5年生のクラス替えの時、私は初めてA君と一緒のクラスになりました。
5年生の時は、ほとんど関わりがなく、他の女子にしょっちゅう意地悪したり、よく先生に怒られていたり、私はいつも遠目であんな人とは関わりたくないなぁと思っていました。

小学校6年生に上がり、クラスもそのまま持ち上がりになりました。
私には、その当時別に好きな人がいました。放課後、親友と2人で遊んでいる時に、「好きな人、言い合おう!」という話の流れになりました。やり方は、紙に好きな人の名前を書いて、交換するというものでした。「嘘は絶対に無しね!」と約束して、お互い小さな紙切れに好きな人の名前を書き、交換しました。
交換した紙を開いてビックリ!なんと親友が好きなのはA君だったのです!内心、あんな意地悪なA君が嫌いだったので、かなり驚きを隠せませんでした。ですが、親友が好きになっちゃうぐらいだから、当時私はA君にも良いところがあるんだなぁと少し考えを改めたぐらいでした。
6年の夏頃、親友がA君に告白したいから、私がA君の家に電話をして、想いを伝えて欲しいと頼まれました。始めに電話をかけた時は不在だったので、「男の子の家に電話かけるの抵抗あるし…もういっか…」と思ったら、なんとA君から私の自宅に電話がかかってきました。親友の想いを伝えたら、「ごめん」との返答でした。ですが、何故かA君はそのまま電話を切ろうとせず、電話を嫌がる私になぜかたわいのない話をしてきたりと、当時の私からしたらちょっと鬱陶しいなぁと感じていました。
6年の秋、席替えがあり、私はA君の後ろの席になりました。その頃はA君から何度かちょっかいを出されていたので、やはりあまり好きではなく、彼に告白した親友も、A君はやめて別の人を好きになっていました。
その頃は音楽や家庭科の移動教室でも、席が近く、修学旅行の班も、くじで決めたものの偶然一緒になり、A君とよく話すようになりました。帰りも途中まで一緒なので、一緒に帰ることも時々ありました。
話してみると、話題が尽きず、ずっと話していられました。あまりに話が止まらないので、A君が「ねぇねぇ!聞いてや!」と声を掛けて近寄って来た時は、私が一方的にドキドキしてしまって、その場から逃げてしまったこともありました。
当時は、クラスの中でも、仲が良いと噂にもなっていました。
ある日、私と親友とA君で話してて、A君に「好きな人おるん?」という話になりました。A君にはクラスでも人気の女子に想いを寄せていることは知っていました。親友が「じゃあ、5人挙げるとしたら?」と聞いた時、なんとそこに私の名前が入っていました。そこから、親友が「じゃあ、4人だったら?」「3人だったら?」「2人だったら?」とどんどん絞っていき、そこでもまだ私の名前は残っていました。目の前で聞いていた私も本当にビックリでした。最後の1人は、さすがに想いを寄せている人の名前が挙がりましたが、相手がここまで意識しているとは、それに私の目の前で、私の名前を最後の2人までの時まで堂々と言えるのには、本当に意外で驚きが隠せませんでした。
私が彼を意識し始めたのは、この日からでした。


小学校を卒業し、中学校へ入学しました。
卒業までは特にA君とは発展することもなく、ただのクラスメイトとして仲良くしていました。
中学校へは、お互い受験したので、A君は男子校へ私は女子校へ進学しました。
学校への距離が全然違っていたので、私はかなり早い電車に乗っていくことになり、もう会うこともないかなと思っていたら、朝の通学電車が一緒でした。
私は同じ小学校の女子グループ、A君は男子グループでかたまっていたので、特に話することもありませんでした。思春期に入って、急に話しづらくなったのかなと思います。ただ、相手を目で追う日々でした。
季節は変わり、秋…
朝の通学電車は、6時半という早い時間だったので、一緒に通学していた友達はどんどん遅めの時間帯の電車に変わっていきました。男子グループも車両が変わり、人数も減り、特に顔を合わせることはなくなりました。
そして、冬…
私は学校が遠かったので、そのまま6時半の電車で通っていました。そして、A君も毎日その電車に乗っていました。私は4両目に乗っていたので、いつも4両目を通り過ぎて先頭車両に乗っていくA君を車内から見かけていました。
毎日横切るA君を探すようにしている自分、A君を見つけた時に「嬉しい」と思う自分に、これは「好き」という感情なのかなと徐々に気づきました。
それから2年後の中学3年生の冬。
6時半の電車には、地元組からは私とA君だけ。毎日A君の姿を見かけての通学はすっかり習慣となっていました。笑
その頃、私の中学校とA君の中学校との間でメル友というメールアドレスを紹介し合って、友達になるというのが流行っていました。
その噂を友達から聞きつけて、何とかA君のアドレスをゲットすることができました!
当時は緊張していて、初めてメールを送る時も本当にドキドキしていました。一度だけ会いましたが、当時私はかなりぽっちゃりしていたので、全く相手にされませんでした。
そして、A君はかなりの女好きになっていて、色んな女子に声をかけては遊んだりしていると分かり、私もかなり冷めてしまいました。笑 私の恋心は何だったんだろうとも思いました。
連絡も中学校卒業する頃まで続きましたが、私からも連絡しなくなり、自然と消滅しました。高校へ進学し、私も新しい恋や勉強に明け暮れ、A君とは何も接点なく3年間が終わりました。


大学に入学しました。
私は、勉強を必死に頑張り国立大学へ入学しました。高校3年間ですっかりぽっちゃり体型からおさらばし、普通の体型に戻りました。
大学2年の頃、SNSで、小学校の同窓会グループが出来ていました。そこに入ったら、何と5年ぶりぐらいにA君から直接メッセージが送られてきました。その時は、たわいのない会話のみで、あっという間にやり取りは終わってしまいました。
大学4年の秋、また突然A君からメッセージが届きました。そこからメッセージが長く続き、なんと小学校卒業ぶりに、年末にグループで会うことになりました。久しぶりに会って、A君はそっけない感じでしたが、他の友達も小学校卒業ぶりだったので、会話が大盛り上がりで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。会はお開きとなり、それぞれ家へ帰る時、A君が全く逆方向(しかもかなり遠い)の私の親友を家まで送る、私も付いて来いと言い出し、車で来ていた友達に送ってもらうよう言っても「オレが送るから、お前もこい」と強引に言われ、親友を家まで一緒に送ることになりました。その時に、ようやく2人で話ができた時間かなと思ってます。小学校卒業してからの恋愛についてが多かったかな?空白の時間を埋めるかのようにお互い何をして過ごしたか、ずっと話していました。
そして、社会人になり、お盆休みにまた小学校のメンバーで集まることとなりました。皆都合が悪く、A君も参加できませんでした。集まったメンバーでお酒を飲みながら話していると、ある男子が「そう言えば、A君お前のこと好きだったよね笑」と言われました。
私はそんな事なかったよ!A君には当時好きな人いたし!と照れるのを誤魔化しましたが、やはり内心嬉しかったです。
小学校の頃気になっていた人と、10年後やっと想いが繋がったなと心が温かくなりました。

written by ふじ あや

描きたい!エントリー

業務委託契約約款

(契約の成立)

第1条 発注者である株式会社マンガダイア(以下「甲」という。)は,甲が受注者 (以下「乙」という。)に提供するエピソード等に基づくマンガ制作及びその成果(以下「成果物」という。)の納品(以下「本業務」という。)について,乙からの応募(描きたい!エントリー)に対し,業務委託契約約款(以下「本約款」という。)及び主要契約条件を示し,もって本業務の条件を提示するものとし,乙が,提示された本業務の条件を承諾したときに,本業務に関する業務委託契約(以下「本契約」という。)は成立する。

(業務遂行上の義務等)

第2条 乙は,甲と緊密に連絡をとり,本約款及び主要契約条件に定められた各条項を誠実に遵守し,善良なる管理者の注意をもって本業務を遂行する。

(本業務の内容,業務委託料等)

第3条 甲及び乙は,本業務の内容,通常業務委託料(著作権譲渡の対価を含む制作報酬)及び臨時(条件付)業務委託料(電子書籍報酬)並びにそれらの支払時期,条件承諾期限,ラフ納品期限,完成版納品期限,修正依頼回数等について,主要契約条件に定める。

(検収等)

第4条 甲は,乙から成果物(ラフ納品及び完成版納品[いずれの納品も乙が甲から修正依頼を受けた後の修正後の納品を含む。]の各成果物をいう。以下同じ。)の納品(ラフ納品及び完成版納品[いずれの納品も乙が甲から修正依頼を受けた後の修正後の納品を含む。]をいう。以下同じ。)を受けたときから7営業日以内に,甲の所定の方法に基づき,成果物の検査を行い,乙に対し修正依頼を行うことができる。

2 甲は,前項の納品を受けたときから7営業日以内に,前項の検査により,合格した成果物のみを受け入れ(以下「検収」という。),その旨を乙に通知(電子メールやメッセージ機能による通知等を含む。)する。

(内容についての保証等)

第5条 乙は,甲に対し,成果物が第三者の著作権,肖像権,名誉,プライバシーその他いかなる権利も侵害しないこと,成果物につき第三者に対して出版権,質権を設定していないこと及び電子出版利用を許諾していないことを表明し保証する。

2 成果物により権利侵害などの問題が発生し,乙又は第三者が損害を被った場合,乙は,自己の責任と費用負担においてこれを処理し,甲に一切費用負担をさせないものとする。

(再委託)

第6条 乙は,事前の甲の書面による同意がない限り,本業務の全部又は一部を,第三者に再委託してはならない。

(秘密保持)

第7条 甲及び乙は,本契約の遂行により知り得た相手方の技術上又は営業上その他業務上の一切の情報を,相手方の事前の書面による承諾を得ないで第三者に開示又は漏洩してはならず,本契約の遂行のためにのみ使用するものとし,他の目的に使用してはならないものとする。ただし,情報を受領した者は,自己又は関係会社の役職員若しくは弁護士,会計士又は税理士等法律に基づき守秘義務を負う者に対して秘密情報を開示することが必要であると合理的に判断される場合には, 同様の義務を負わせることを条件に,情報を受領した者の責任において必要最小限の範囲に限って秘密情報をそれらの者に対し開示することができる。

2 前項の規定は,次のいずれかに該当する情報については,適用しない。

⑴ 開示を受けた際,既に自己が保有していた情報 ⑵ 開示を受けた際,既に公知となっている情報 ⑶ 開示を受けた後,自己の責めによらずに公知となった情報 ⑷ 正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報 ⑸ 相手方から開示された情報によることなく独自に開発・取得していた情報

3 甲及び乙は,相手方の事前の書面(ファクシミリ及び電子メール等を含む。)による承諾がない限り,秘密情報の情報開示日から3年間は,当該秘密情報を秘密に保持し,第三者に開示,提供してはならない。

(権利帰属)

第8条 乙の成果物に関するすべての著作権その他の知的財産権(著作権法第27条,第28条に規定する権利を含むが,それらに限られない。)は,納品と同時に,乙から甲に移転する。

2 乙は,成果物に関し,著作者人格権,肖像権などの権利を行使しない。

(個人情報の取扱い)

第9条 甲及び乙は,個人情報の保護に関する法律及び関連法令を遵守し,本契約の遂行に関して得られた個人情報を漏洩させないように万全の措置を講ずるとともに,これらの情報を正当な理由なく第三者に提供すること及び目的外使用をすることを禁止する。

2 甲及び乙は,万一,個人情報の漏洩・流出等の事故が発生した場合は,直ちに相手方に対し,漏洩等の発生の日時・内容その他詳細事項について報告し,協力して対応に当たるものとする。

(契約の解除)

第10条 甲は,乙が次の各号のいずれか一つに該当したときは,何らの催告,通知(電子メールやメッセージ機能による通知等を含む。以下「通知等」という。)を要せず,直ちに本契約の全部又は一部を解除することができる。

  • (1) 納品期限までに乙による納品が無い,乙が甲の修正依頼に応じないなど,本約款及び主要契約条件に定める条項に違反し,相手方に対し通知等したにもかかわらず7日以内に当該違反が是正されないとき,又は乙から何らの回答がないとき
  • (2) 監督官庁より営業の許可取消し,停止等の処分を受けたとき
  • (3) 支払停止若しくは支払不能の状態に陥ったとき,又は手形若しくは小切手が不渡りとなったとき
  • (4) 第三者より差押え,仮差押え,仮処分若しくは競売の申立て,又は公租公課の滞納処分を受けたとき
  • (5) 破産手続開始,民事再生手続開始,会社更生手続開始,特別清算手続開始の申立てを受け,又は自ら申立てを行ったとき
  • (6) 解散,会社分割,事業譲渡又は合併の決議をしたとき
  • (7) 資産又は信用状態に重大な変化が生じ,本契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき
  • (8) その他前各号に準じる事由が生じたとき

2 前項の場合,乙は,解除によって甲が被った損害の一切を賠償する。

(反社会的勢力の排除)

第11条 乙は,甲に対し,次の各号の事項を確約する。

  • (1) 自らが,暴力団,暴力団関係企業,総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと
  • (2) 自らの役員(取締役,執行役,執行役員,監査役又はこれらに準ずる者をいう。)が反社会的勢力ではないこと
  • (3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ,この契約を締結するものでないこと
  • (4) 自ら又は第三者を利用して,この契約に関して次の行為をしないこと
    • ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
    • イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し,又は信用を毀損する行為

2 甲は,乙が次のいずれかに該当した場合には,乙に対し,何らの催告を要せずして,この契約を解除することができる。

  • (1) 前項(1)又は(2)の確約に反する表明をしたことが判明した場合
  • (2) 前項(3)の確約に反し契約をしたことが判明した場合
  • (3) 前項(4)の確約に反した行為をした場合

3 前項の規定によりこの契約が解除された場合には,乙は,甲に対して,甲の被った損害を賠償する。

4 第2項の規定によりこの契約が解除された場合には,乙は,解除により生じる損害について,甲に対し一切の請求を行わない。

(損害賠償)

第12条 甲又は乙は, 本契約に違反し相手方に損害を与えた場合には,相手方に対し,その損害を賠償しなければならない。

(権利内容の変更)

第13条 甲及び乙は,本業務量の増減,経済情勢の変動等の諸事情により,本契約,本約款又は主要契約条件の内容の変更の必要性が生じた場合は,相手方に対し,本契約,本約款又は主要契約条件の内容の変更を求めることができる。この場合,甲及び乙は,誠実に協議を行う。

(譲渡禁止)

第14条 甲及び乙は,相手方の事前の書面による承諾を得ることなく,本契約上の地位を他に譲渡し,若しくは承継し又は本契約に基づく権利義務を他に譲渡し,承継し,若しくは担保に供してはならない。

(本契約の改訂)

第15条 甲は,必要に応じて本約款及び主要契約条件を改訂することができる。

(合意管轄裁判所)

第16条 本契約に係る一切の紛争については,名古屋簡易裁判所又は名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

(契約の協議)

第17条 甲及び乙は,本契約の規定に関する解釈上の疑義,又は規定に定めのない事項については,法令及び商慣習によるほか,信義誠実の精神に基づき協議を行い解決する。

附則

2019年3月1日 制定

2020年1月10日 改訂

契約約款に同意の上、エントリーする

※エントリーの集中などエントリー状況、エントリーユーザーの制作実績によっては
「描きたい!エントリー」にお応えできない場合もございます。ご了承ください。

エピソード投稿者

ふじ あや

投稿エピ 1