彼を選んで良かった

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

これは彼と将来の話をしていた時のエピソードです。

実は私には先天性の病気があって、症状の一つに不妊があります。
この事実を結婚する前に彼に伝えなければなりませんでした。
もしかしたら彼と別れることになるかもしれない…。
こんな私と一緒になって彼は幸せになれるかな…。

色々な不安に押しつぶされながらも、病気のことを伝えた時…
あたし 「…というわけでね、赤ちゃんできない可能性の方が高いの。それでもあたしと一緒にいてくれる?」

彼 「勇気を出して伝えてくれてありがとう。今 この場ですぐ別れるって選択肢は俺にはないよ。それにさ…
逆に俺が病気だったとして、それを伝えた時に〇〇だったらどうした?」

あたし 「それでもあたしはあなたを選んだと思うよ。」

彼 「でしょ?俺も同じだよ。」

そこには微笑みながらあたしを見つめてくれている彼の姿がありました。

彼の優しさに救われたし、あらためて彼を選んで良かったと思えた日でした。

written by ゆったん

マンガ化進行中

エピソード投稿者

ゆったん

投稿エピ 5