ケチすぎる元カレ

マンガ化進行中
コンテンツ名とURLをコピーする

大学一年生の時、一つ年上の彼氏がいました。彼は、頭が良くて、面白い人でした。
ですが私が彼の人間性をとても疑う事件が起きました。それはお金の面です。
外で食事をした時のことです。
そのお店はお会計の額がレジまで持っていかないと分からなかったので、わたしが
「これで足りなかったら言って」と2000円を出し、お手洗いに行きました。
お手洗いから帰ってきた時、ちょうど彼がレジで会計を済ませて、ドアから出て行ったので、そこのレジの会計を確認したら、3000円が請求されていました。
(なんだ、わたし渡した額多かったじゃん…)と思いましたが、わざと彼に
「お金足りた?」と聞きました。
普段から彼にはお金に関してちょっとひっかかることがあったからです。
そしたら彼は
「あー大丈夫、足りなかったけど俺が出したから気にしないで」
とかっこつけて言っていました。
やばいやつだ……と思いながら、私が知らないと思ってる彼に笑いが止まりませんでした。

私が一番決定的にこいつ無理と思った事件がもう一つあります。
2人で公園で休憩をしていた時に彼が飲み物を買ってきてと私に言ってきました。
お金をもらわなかったので、私は自分のお金で飲み物を日本買いました。彼が
「いくらだった?」と尋ねてきたので
「140円だよ」と言ったら
「はい140円」と言って私の小銭入れにバッ!と勢いよく入れたのです。私はおかしい…と思って後で財布を確認したら
10円玉は4つ入っていましたが、私の財布には100円玉がありませんでした。
100円ごときで何故しぶる……と思い正直ドン引きでした。
それでも何故か彼はお金がないと一度も言ったことはないし、かっこけて多く払ったとか見栄を張るので、おかしくて、彼が恥ずかしくて見ていられませんでした。

騙すならもう少しうまくやりなさいよと思いながらも、この人とはやってけないかなと思い別れを決断したのでした。(笑)

written by さっちゃん

マンガ化進行中

エピソード投稿者

さっちゃん

投稿エピ 3